ウワサのタトゥー系人気美人AV女優・葉月レイラちゃんインタビュー【第1回】好きなHスタイルは「小悪魔痴女」!AVの世界に入って「スゴく楽しい」その理由は…▼「SM嬢の経験があるので人の性癖で驚くことがなくなりました」▼トキメキ体験談!憧れのあの人とAV撮影現場で会えた!▼絶対付き合わないタイプの男性は?

その他

ウワサのタトゥー系人気美人AV女優・葉月レイラちゃんインタビュー【第1回】好きなHスタイルは「小悪魔痴女」!AVの世界に入って「スゴく楽しい」その理由は…▼「SM嬢の経験があるので人の性癖で驚くことがなくなりました」▼トキメキ体験談!憧れのあの人とAV撮影現場で会えた!▼絶対付き合わないタイプの男性は?

AV女優インタビュー 葉月レイラ(前編)

 

タトゥー系AV女優として数多の作品に出演している葉月レイラちゃんがFANZAニュースに登場です!

インタビュー初回は、トレードマークであるタトゥーや憧れのプレイなどについて根掘り葉掘り聞いてみたぞ!たっぷりトークで前後編に渡ってお届けします。

 

(インタビュー・文/青木タロウ)
(構成/FANZAニュース編集部)

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

 

タトゥー女優にまつわる業界の暗黙ルール壊しちゃう人気ぶり

 

――今日はよろしくお願いします!葉月レイラちゃんと言えばタトゥーのイメージが強いですが、まずはぜひそのあたりから教えてください!

 

葉月レイラ(以下、葉月):彫った一番の理由は(元AV女優の)泉麻那ちゃんです。そんなに肌が焼けてる人は好きじゃなかったんですけど、麻那ちゃんだけは大好き。タトゥーが体にスゴく似合ってるんですよね。私の地元の名古屋によくDJなんかでイベントに来てたんですよ。ギャルとして完成されていて、まわりの女の子はみんな麻那ちゃんが好きでしたね。

 

――大人気でしたもんね。

 

葉月:麻那ちゃんに憧れて、最初は18歳のとき腰に薔薇と蝶を入れました。1回の施術で5時間、トータル2ヵ月ぐらい通いましたね。その次に、胸の下にシャンデリアを入れようか迷ったんです。迷ったあげく「まとめたほうがいいな」と思って、右の太ももにガーターのタトゥーを入れました。

オス豚じじいを悶絶射精で極楽堕とし! SポテンシャルがハンパないBlingBlingの白ギャルれぇらちゃんが変態じじい相手にナマ中ごっくん裏バイト! 葉月レイラ

――ガーター大好きっす(真顔)。

 

FANZAニュース編集いきなり告白した!

 

葉月:あはは!それは短いスカートを履くとき以外は見えない位置にあるんですよ。服を着ている状態で露出するところには一切タトゥー入れてないんです。でも脱いだらヤバい、みたいな(笑)。

 

――タトゥーの魅力は?

 

葉月:部位にもよるんですけど、腰とかはエロいですよね。個人的にカッコいい系よりエロい系のタトゥーが好きです。

 

――芸術的なタトゥーですよね。葉月ちゃんのファンの声で印象的だなと思ったのが「タトゥー入れてる女の子のAVが気にならなくなった」と。

 

葉月:うれしいです。私は色々こだわってタトゥーを入れてます。見てもらえばわかるんですけど、花牡丹も全部ぼかしを入れて水彩画みたいになっています。ガーターもめちゃ細かくて、スゴく時間かけてます。作品を見る人は、ぜひぜひそこにも注目してほしいです!

 

 

――葉月ちゃんはタトゥー系女優として地位を確立した印象がとっても強いです。ご自身でそのあたりはどう考えていますか?

 

葉月:私、18歳でAVデビューして、そのときにはもうタトゥーを入れてたんですけど、当時は「20歳未満の女優はキャスティングしない」っていうAVメーカーさんが多かったんです。

 

――へぇ〜、そんな暗黙のルールがあるんですね。たしか、デビュー作は『ガチ18歳☆ヤンキー、デビューで盛大にデレる!』(2018年12月発売)でしたね!ビッグモーカルのEIKIさんレーベル。

ガチ18歳☆ヤンキー、デビューで盛大にデレる!

 

葉月:いきなりハメ撮りでしたね。この作品の評判が良かったおかげで有名になれたんですけど、個人的にはこのときのメイクがあんまり好きじゃないんですよ…。なんだかちょっとビジュアルバンド系みたいなメイクで…(笑)。

 

――なんと(笑)。

 

葉月:カラミ自体は良かったです!「お〜、こんな感じか〜!」って楽しかったです。

 

――緊張はありましたか?

 

葉月:AVに対する偏見はなかったけど、撮影の前の夜は「どんな感じなんだろう…」ってドキドキしました。

――出演前に抱いていたイメージと違いましたか?

 

葉月:ぜんぜん違いましたね。いっつも男性スタッフさんばっかりのむさ苦しい現場だけかと思っていたら、デビュー作こそそうでしたけど、その後の作品の撮影でには女性のスタッフさんや女性の監督さんもいてビックリしました。ホッとしたし(AV業界に)入ってよかったです。

 

――今、デビュー作を見返してどうっすか(動画をチラ見せ)?おぉ〜、スゴい。22万回も再生されていますね。

 

 

葉月:えぇ〜!やだ、音は消してください(笑)!

 

一同:ハハハ!

 

葉月:このとき、めっちゃ緊張してたんですよ〜。

 

――でも、フェラも自分から積極的にグイグイやっていて、いい感じですね。

 

葉月:それは、…普段からもそうです♡

 

――デビュー作の評判がいい理由の一つがツンデレなところでした。インタビューではヤンキーっぽいツンツンした感じなのに、いざカラミが始まったらデレっとして。

 

葉月:ウフフ…。

 

――そこはお芝居?演出?

 

葉月:いや、けっこう素が出てると思います(笑)。ツンデレだと思うけど、人とケンカはしたことがないです。ただ、このデビュー作の反響のおかげで、色んなメーカーさんに声をかけてもらいましたね。

 

――すばらしい!葉月ちゃんのエロさが認められた!そこから忙しくなって、朝起きるのが大変になったり…。

 

葉月:大変だけど、ぜんぜん大丈夫ですよ(ニッコリ)!

 

 

好きなHスタイルは小悪魔痴女。AVの世界に入って「スゴく楽しい」

 

――プロのAV男優さんは、やっぱりプレイも上手いですか?(チョー軒並みな質問)

 

葉月:まず、雰囲気の作り方がめちゃくちゃ上手いですよね。

 

――やっぱりそこなんですね。

 

葉月:顔とかそういうのじゃなくて、まず雰囲気がいいんです。心を持っていかれる雰囲気がありますね。

 

――なるほど〜!勉強になります(メモメモ)。デビューから1年少々ですが、すでにたくさんの作品に出演しています。その中でも、自分の性癖に合っているな、と思った作品は?

 

葉月:一番やりやすいのは小悪魔な痴女ですね(即答)。ちょっと小悪魔で、デレデレもするけど相手をいじめたりもする。それが一番自分に合ってる気がします♡。

 

――他にもドSな役、はたまたドMな役もやってますけど、そこは対応OK?

 

葉月:わりと憑依体質みたいで、役になりきって演じるのが好きなのでそこは大丈夫です。役柄によって声も出し分けるので、たまに声が枯れちゃったりします。ガッツリ痴女系を演じる場合はお姉さん系の演技をして、デレデレした感じを演じる場合は、かわいいキャピキャピなイメージを意識します。

 

――演じる上で参考にしている人いますか?好きなアニメのキャラクターなんかでもいいですけど…

 

葉月:参考じゃないですけど、「なりたい!」とずっと憧れているのはボーカロイドの彩●ルカです。体形も顔もまさに理想です‼

 

――ほ〜、ルカルカ! ナイトにフィーバーしてるんですね。

 

葉月:ルカも基本設定はキレイなお姉さんですけど、二次創作では女王様っぽくも描かれますし、かわいいお嬢様っぽくも描かれます。そういう振り幅が大きい感じがいいですね。

 

――じゃあ、好きなアニメや声優さんは?

 

葉月:今だと『ヴァ◯オレ◯ト・エ◯◯◯ーデン』です。好きな声優さんは、ルカの声優をやっている浅川悠さんです!「Fa◯e」の作品では、ゴルゴーンとかアナとか複数のキャラを声だけで演じ分けていてステキだと思いました。

 

――なるほど〜。ちなみに、AVで共演した中で相性がいいなと感じた女優さんは?

 

葉月:個人的に好きなのは、あべみかこちゃんです。共演したいってお願いしたら、夢が叶ってレズビアン作品で共演しました。今まではロリ系の女優さんかセクシー系の女優さんが好きだったんですけど、あべみかこちゃんは、想像以上にノリがいいし、エロいんですよー(ニッコニコ)。

天使J●vsサキュバス ●K学園レズバトル

 

――エロさが良かったと(笑)とっても良い笑顔ですね。

 

葉月:はい。スゴく楽しいです(ニッコリ)。

 

フェラがしっくり来ない相手は、セックスで感動しない!

 

――プロフィールを拝見すると、趣味に[AV鑑賞]とあります。葉月ちゃんは、AVは詳しいんですか?

 

葉月:けっこう見てますね(笑)。現場でAVの話をすると、監督さんやプロデューサーさんよりも女優さんに詳しかったりするんですよね。

 

――スゴいですね!お気に入りの女優さんは

 

葉月:中学生のときは……。

 

――早いな(笑)!

 

葉月:まだその頃ははAV見てないですよ(笑)。夜中にテレビでやってた恵比寿マスカッツの番組を見ていて、きーたん(明日花キララ)とか、ゆあちゃん(三上悠亜)が好きになりました。系統が違うんですけど泉麻那ちゃんもモチロンめっちゃ好きです!AVに対して「えっ!? そんな仕事なの…?」という偏見は一切なかったです。

 

――おぉ、すばらしい!そういえばツイッターで、現在はメイクの仕事に転職した麻那ちゃんに現場で会ったと興奮していましたね。

 

葉月:あの時はめちゃくちゃうれしかったです!!!!雲の上の存在だった人と間近で話せたことと、私という存在を認識してもらえたことがめっちゃうれしいです!

 

――あぁ〜、それはうれしいですね。

 

葉月:です、です!AVについては、色んな女優さんの作品を買ってます。個人的にはハードな感じのやつが好きです。あとはS1やMOODYZの専属女優さんが可愛くて、グラビアの延長線上のつもりで見てます。その中で「これ、エロいな」「いいな」と思ったところは自分も取り入れてます。

 

――勉強熱心ですね〜。

 

――共演した女優さんから学んだことや、取り入れようと思ったテクニックを持った女優さんは?

 

葉月:蓮実クレアちゃんですね。VRの作品で共演したんですけど、ADさんよりもどんどん仕切って先導してくれるし、何より腰の動きがすごいんですよね…!

 

――蓮実クレアちゃんといえば、ツイッターで杭打ち騎乗位をレクチャーする動画がスゴくバズってましたよね。

 

葉月:それを間近で見て「うわっ、スゴいな〜」って思いました。あの腰振りは、なかなかマネできないですね。

 

――でも葉月ちゃんもフェラに定評ありますよね!昔から得意だったんですか?

 

葉月:得意かどうか分からないけど、責めるのは好きでした。フェラについては…なんか、フェラの時点で合わない人は、セックスしても相性が合わないんです。

 

――おっ、なんだか格言

 

葉月:本当にそうで、フェラのときに感覚で「しっくりこないな…」と思ったら、セックスで挿入したときもたいてい…そこまでの感動はないです。

 

――ハハハ!気持ちいいは感動するんスね!じゃあ理想のチンポは?固さ大きさとか…。

 

葉月:けっこう舐めるのが好きで、普通の人だと全部丸々口に入っちゃうんですよね。それで「あれ、ぜんぜん喉奥に来ない…」ってなる。

 

――喉奥に来るくらい長いのがいいと!「しっくりくるチンポ」はそういう感じ?

 

葉月:肌がキレイな人のおチンポは割と好きかも。肌が乾燥肌だと、チンポも乾燥しているみたいです。肌にうるおいがある人は、チンポもうるおいがありますね。ハメても気持ちいい。

 

――チンポでうるおいを出すって難しいっすね…(笑)。精子もけっこう作品で飲みますよね。

 

葉月:飲みます。「ペロリンチョ♪」って感じです(ニッコリ)。プロ男優さんになると、ザーメンおいしいですよね。

 

――えっ、そうなんですか!?

 

葉月:はい。味がみんな違いますね。

 

――誰の精子が好きですか?

 

葉月:いや、日によってもう全然違うんですよ。

 

――あぁ〜愚問でした。その日に何食べたかとか、色々な条件で味が変わっちゃうんですかね。

 

葉月:たぶん。野菜や果物ばっかり食べてる人は苦味が少なくてまろやか精子(笑)。肉食の人は臭みが強いです。でも、肉ばっかり食べてるのに臭みがない人もいます。もちろん体質もたぶん関係あると思います。食生活が乱れている人はザーメンも臭いですね。「うわっ!」ってなります。

 

――ザーメンソムリエを超えて、ザーメンドクターですね。

 

葉月:ハハハ!

 

 

もはやサキュバス!好きなプレイは寝込みを襲って強●騎乗位!絶対付き合わないのは「騎乗位させてくれない男」。

 

――プライベートのお話も。初体験はいつでしたか?

 

葉月:地元の先輩でした。よく男子と普通に遊んでて、その中の一人の筋肉質な方と…♡ 初彼氏は別です。中2から高1まで付き合ってました。イケメンじゃなくてゴリラみたいな感じだったんですけど、10種競技をやってて、スタミナがヤバくてずっと動ける。優しいゴリラでしたね(うっとり)。

 

――マッチョ系が好き?

 

葉月:腹筋はどうでもいいんですけど、僧帽筋や三角筋はよく見ちゃいます。あと内転筋とハムストリング。

 

――くわしいですね〜、性格的には?

 

葉月:普段はオレ様系でもいいですけど、二人のときは甘えてきてほしい。「ヨシヨ〜シ」ってやりたい。ガタイがいいのにMっ気があるのはいいですね。

 

――ギャップがある人がいいです

 

葉月:あぁ〜いい!でもグイグイ来られるのはイヤですね。「こっち来ないで」ってなっちゃいます。

 

――好きなプレイは?

 

葉月:前にやってたのは、相手から求められて「今、そういう気分じゃない。フンッ!」ってやって、寝かせるんですよ。完全に寝たら、布団をガバってひきはがして、下半身脱がせて勝手にフェラして、勃起したところで、彼の両手をガッチリつかんで騎乗位(笑)。

 

一同:アハハ!

 

――ヤバい、サキュバス葉月

 

葉月:相手が起きて気づいて「え〜!」って驚く顔がかわいいですね♡

 

――今好きな男性のタイプは?

 

葉月:騎乗位させてくれない男とは絶対付き合わないです(キリッ)。

 

――うはははは!騎乗位が絶対条件なんですね(笑)。

 

葉月:あとちょっとMっ気がないと難しいかもしれません。私はどっちかと言うとSで、男の人の両腕をガバッ!と押さえて、上から騎乗位でおチンポを思いっきり襲ったりしたいので♡ただ、相手がドSだったら私はドMになれます。SでもMでもない、セックスが普通の人がちょっと苦手で「う〜ん、つまらんのぉ〜」ってなります(笑)。

 

――ハハハ!ちなみに今まで一番良かったエッチは?

 

葉月:ストーリープレイは好きですね。女王様にめっちゃボロカスに言われるとか。それをセックスに繋げることより、ストーリープレイの精神的快感が好きです♪

 

――Twitter上でのファンとのカラミは慣れましたか?やっぱりDMにチンポ送られてきたりします?

 

葉月:私はDM開放してませんし、そういう人はいないです。でも優しい人が多くて「葉月様の奴●にしてください」みたいな人はいます(笑)。

 

――ハハハ!そうなんですね。過去には一時期、SM嬢やっていた経験もあるとか。色んな性癖の人が来たんじゃないですか?

 

葉月:ですね。M男をいじめたくてSM嬢をやっていました。その時の経験があるので、人の性癖で驚くことがなくなりました。「あっ、へぇ〜君そういう性癖なんだ♪」って(笑)。なんでも理解はできます。

 

――例えばどういう人がいましたか?(ワクワク)

 

葉月:え〜と、女装子、体液フェチ、匂いフェチ、蹴られるのが好きな人、ストーリープレイ好き…色々いましたね~。

 

――色んな性癖を見てきた分、葉月ちゃんの人間の器もデカイっすね。さすがっす、人生の先輩!

 

葉月:やっぱり、挑戦が大事ですよね!

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

今日はここまで!

葉月レイラちゃんのインタビューはいかがでしたか?
作品を見たことがある方は、また新たな一面を見ることが出来たのでは?
次回はさらに、学生時代のガチエロエピソード(話聞いて「おいおい、何それ、うらやましすぎるだろ!!!」と思いました)を暴露してくれます!ティッシュのご用意をお忘れなく!

 

(インタビュー・文/青木タロウ)
(構成/FANZAニュース編集部)

 

 

 

 
Source: FANZAニュース
ウワサのタトゥー系人気美人AV女優・葉月レイラちゃんインタビュー【第1回】好きなHスタイルは「小悪魔痴女」!AVの世界に入って「スゴく楽しい」その理由は…▼「SM嬢の経験があるので人の性癖で驚くことがなくなりました」▼トキメキ体験談!憧れのあの人とAV撮影現場で会えた!▼絶対付き合わないタイプの男性は?