人気大爆発中!里穂ちゃんはプライベートでは小悪魔系だった!?【藤森里穂インタビュー前編】

その他

人気大爆発中!里穂ちゃんはプライベートでは小悪魔系だった!?【藤森里穂インタビュー前編】

MGS動画の人気AV女優ランキング、なんと4ヶ月連続でTOPに輝いた藤森里穂ちゃん。人気大爆発中の里穂ちゃんを今回は大解剖します!里穂ちゃんの男性を落とすテクニックや理想のSEXなど、プライベートも仕事もたっぷり語ってもらったインタビュー。前後編でのお届けです。

(インタビュー│刈田萬蔵)
(構成│MGSニュース編集部)

人気の秘密を自己分析

――最近、ガツンと人気が出てきてるみたいで。

藤森 なんでかわかんないんですけど…。

――あまり褒められるのは得意じゃない?

藤森 反応に困って…謙遜するのもわざとらしいし、「ですね」みたいな感じで言うのも自分に自信があるみたいだし…。

――ご自身としては、トップになるぞという感じでやっているわけではない?

藤森 基本は作品を撮り終わった後に、「本当に今日はこれでよかったのかな」ってちょっと気にしながら帰って、発売まで結構…ハラハラしてます。

――それは…大変ですね?

藤森 本当に、求められているものが何なのかっていう正解がわからないままやっているので…。最近の、自分が素で、そんなにキャラクターも作らなかったり、犬飼ってるんですけどその犬の話とか、元カレのエピソードとか、作品の中でそういう本当の話をしていたらなぜか人気が出てきたので。自分の素を出して売れてくるのはすごい不思議だなって思います。

――皆さん、リアルなところが見たいのかもしれないですね。

編集部 ちなみに、自分の作品は見るんですか?

藤森 自分の作品は見れないです。サンプルは気になって見るんですけど。(サンプルが)もっと見たいって思うような感じに纏めてもらってるとありがたいなって思っています。

 

理想の異性は?

――藤森さんのプライベート、どんな人間でどんなエッチが好きなのかという話を聞いていきたいと思います。
そもそも論、どんな男性がタイプですか?

藤森 見た目はあんまり拘らないです。ちょっとふっくらした人と付き合ってたこともあったし、すごいイケメンと付き合ってたこともありました。(顔が)濃い人も薄い人もいて、本当に特に拘らない。

――じゃあ、付き合うかどうかの基準は中身?

藤森 中身が合う人。話していて否定的じゃなかったりとか。
例えば「タピオカ好きなんだー」って言った時に「えー、あれカロリー高いから太るよ~」って意地悪を言う人じゃなくて、飲んだことがないなら「俺飲んだことないから今度一緒に飲みたいな」とか、「あれ1回しか飲んだことないけど女の子好きそうだよね」みたいな感じで返す人。

――物事に対して否定的ではない、会話を深めていける人がいいんですかね。

藤森 そうですね。
プライベートじゃなくても、男優さんも色んな性格の人がいると思うんです。業界的に敢えて女優さんと関わらないようにしてる人もいると思うし、仲良く楽しくして良い作品を作ろうっていう人もいると思うんですけど。やっぱり、会っている回数が多い人との作品の方が売れてる気がする。

――コミュニケーションの回数が増えれば増えるほど、藤森さんもエッチになってるってこと?

藤森 そうですね。
最近はコミュニケーションが取れて仕事が出来る男優さんだと、安心出来て自分も素が出せる感じです。

――なるほど。プライベートでも一緒なんでしょうね。何度も会ってウマが合う、フィーリングが合う人だったら楽しいし、付き合ってもいいなと。

 

――告白はされるタイプですか、自分からするタイプですか?

藤森 基本告られるんですけど、告らせるように仕向けるタイプです。

――あ、ちょっと小悪魔な。

藤森 「もう付き合わないんだったら会うの止めよう」って言って。2択にさせて、選んでもらったりとか。

――すごい。ある種、積極的ですね。

藤森 でも、自分からは言いたくないんで…仕込むタイプです(笑)

編集部 他にも仕込んでいたりしますか?

藤森 友達に、敢えて私が相手を好きって伝えてもらう。「藤森里穂があなたのこと、カッコイイって言ってたよ」とか「今度ご飯に行くの楽しみにしてたよ」って、共通の友達を使って伝えてもらって。…性格悪いですね(笑)

――いやいや、常套テクニックです。

編集部 2人で飲んでいて中々手を出してこない、もう終電過ぎる頃なのに誘ってこないなっていう相手に対しては、どうやって誘わせる?

藤森 「携帯の充電がもう無い」とか…「乗り換え調べられないから帰れない」とか「夜道怖いから携帯充電ないと」とか。

――色々テクニックを駆使してますね。

藤森 最近は使ってないです(笑)

――(笑) でもさ、言わせるわけでしょ、そうやって。
それって、3回くらいデートしても手を出してこないと(言わせようとする)作戦が発動するの?

藤森 …手を出されても発動する。

――? どういうこと?

藤森 3回くらいデートして、エッチして、それでも付き合うとか出てこなかったら発動します。

――ということは、エッチするのはワンチャンとかセフレ目的ではなく、恋愛目的。

藤森 うん、基本恋愛目的です。

――へぇぇ。意外と積極的な女の子なんじゃないかという気がしてきました。自分ではどう思います?

藤森 でも、それ(積極的なの)を見せるのがダサいと思うんで、積極的感は出さないです。

――なるほど。ちなみに、お酒はプライベートでは飲みます?

藤森 誘われたら飲みます。

――酔っ払うとどうなるんですか。

藤森 あんまり、結構飲まないと変わらないです。ただ、色々その、さっきの仕向けたりとか敢えてしてるんですけど、飲んでる時は結構ストレートにバーッと言っちゃったりします。「もっとこうしてくれれば手っ取り早く付き合えるのに」みたいなことを。

――相手に直接。おしとやかなキャラかと思ったら、意外とグイグイですね。

編集部 飲む時は居酒屋とかバーとか、どういうところで?

藤森 ご飯食べながら飲んで、その後もう1軒バーとかカラオケに行ったりとか。

――量は飲めるの?

藤森 飲まなきゃいけなかったら飲む。

――その辺は相手のペースに合わせて。

藤森 狙ってる人の前とかだと、ボロが出るから控えたりとか。自分から「好き」とか言っちゃうから。

――酔っ払ってると、エッチしたいなって思ったりする?

藤森 酔ってるレベルによりますね。ほろ酔いくらい。泥酔までいくと、多分私動かなくなる。

――それって何杯くらい?

藤森 テキーラ20杯以上くらいからだと思います。

――ごめんなさい(即答)

藤森 (笑) 普段は飲まないんですけど…飲まなきゃいけなかったら。

――飲もうと思ったら飲めちゃうと。

藤森 はい。なんか、「ちゃんとしなきゃ」って気持ちが強いんです。気持ちが勝ってる分、飲めちゃう。

――1杯目は何を飲むの?

藤森 1杯目は人に合わせます。同じのっていう方が飲みやすいかなと思って。

――そういう飲む場所とかで知り合った人と、ワンチャン、お持ち帰りされちゃったっていう経験って過去にあります?

藤森 遠い昔に。

――遠い昔なんだ。何回くらい?

藤森 持ち帰ってすぐにっていうのはなくて。うーん、合コンして、2人だけで飲み直して仲良くなって、後日会ってそういう感じ、とか。そういうのは2,3回あります。

――即日っていうのはないんだ。

藤森 ないです。

――ないんだ。あれ、今までの経験人数ってお伺いしてもいいですか?

藤森 20人くらい。

――藤森さん、おいくつでしたっけ。

藤森 23です。

――23で20人。ちょっとペース早い時期がありました?

藤森 一時期ちょっと荒れてて…。今はほんとにないし、馬鹿だったなって思うんですけど、ゲスいことをしてるのが楽しいみたいな時期があったんです。「彼氏がいるのにこの人と」みたいな、そういうのを友達と言い合ってる…今はもう私も友達も一切やってないんですけど。自分が悪いことをしている話をするのが楽しいみたいな。
そういうのが21とかそれくらいの時にあって、その時に1年間に10何人とか一気に増えました。

――そういう時期もあるよね。
そういう男性たちと、どういうところで出会ってたの?

藤森 そういう時は、さっき話していたワンチャンではないけど飲み屋で知り合って後日会いましょう系か、職場の人とか。職場が大きいところだったので、3人くらいと…。

――その3人、時期被ってるの?

藤森 全部重なってます。その時、彼氏もいて。

――よくバレなかったね?

藤森 でも最終的には彼氏にバレちゃって。その時7人くらいと連絡とってて。
それも楽しいと思ってたんですよ。でも最終的にそれが原因で彼氏に振られて別れて。でもその後、その7人の中に次に彼氏になってくれる人がいなかったから。結局そういう感じなんだなって思って、すごい反省して。そこからなんか、あんまり簡単にヤラせたくないっていう風に思いました。

――結果マイナスだったわけだもんね。あんまりポジティブなことではなかったってことに気付いちゃった。

藤森 そう、気付いちゃった。それに都合よかったんだなって思ったから、そっち側に回りたくないなって思っちゃいました。

 

――それ以外に、飲み屋でも知り合ってたと。それは女性の友達と行って、その場でナンパされてってこと?

藤森 はい。焼き鳥屋とか、コンビニ行ったらとか。

――コンビニ?

藤森 コンビニで友達とウコン買ってたら声かけられて。

――あ、飲みの間に。

藤森 2軒目行く間とか。

――なんて声かけられるの?

藤森 基本、みんな私の友達の方に声かけるんで。なので、ついて行くか行かないかも友達に任せます。
で、ちょっと話して友達と「どっちがいい?」って話になって。被らなかったら行く。被ったら行かない。

――その場で分かれるの?

藤森 分かれないんですけど。一応その後の進展した場合のことを考えて、分散したら行きます。

――なるほど。藤森さん、イメージよりも結構積極的ですね。

藤森 すぐ騙されるんですよ。結婚したいとか言われたらすぐ信じちゃうし。

――好きって言われちゃうと自分も好きになっちゃうタイプ?

藤森 割とそうなので、気を付けてるんです。

――今まで付き合ってきた人のタイプが違うのも、そういうこと?

藤森 それもあるし、誕生日近いって言って祝ってくれた人とか、タイミングと積極性と、みたいな。

――誕生日祝ってくれる人はたくさんいますよ!(笑)

プライベートの印象的なエッチ

――プライベートで、今まで印象に残っているエッチってありますか?

藤森 …良い意味で、悪い意味で?

――両方いきましょう。

藤森 んー…基本私、あんまり良い思いをしたことがなくて。
元カレで、付き合ってから何回もお泊りしてるけど1ヵ月くらい手を出してこない人がいて。彼としては大事にしてくれてたから1ヵ月記念日にエッチしようと思ってて、それから手を出してきたみたいなんですけど。
こっちは待たされてる分どんどん期待が上がっていくから、「どんなチンチンなんだろ」って色々(期待が)膨らんでいくじゃないですか。その分結構あっさり終わったりすると。

――あれ?ってなるよね。

藤森 (頷く)

――ということは、藤森里穂ちゃんは付き合うとなったらすぐヤるべしってことだ。

藤森 (笑)

――期待値を高めない方がいい。

編集部 1ヵ月待ったら期待は膨らんじゃいますよね。

藤森 こう、勃たなかったりとか…。
あとは私が生理でフェラしかできなくて、結局そのままエッチすることなく連絡取らなくなった人とか。

――あまり良い思い出がない?

藤森 でも、付き合ってたらもう愛を感じてエッチしてるんで、あんまり上手い下手とかは気にせず。

 

――ちょっと変わった場所でエッチしたとかは?

藤森 あんまり変わった場所でエッチした経験がなくて。ラブホも2回くらいしか行ったことないんですよ、プライベートで。基本、家で。

――彼の家か自分の家。ネカフェとか、公衆トイレとかは?

藤森 ないです。
唯一あるのが、皆で泊まっててこっそりっていう。そういうのは1回ありました。

――それはどういう状況だったんですか?

藤森 その人は地元で結構、上の方のヤンキーの人で。何故か突然ある日気に入られちゃって、「俺ら結婚するよな」みたいに言われて。

――さっきのパターンだ。

藤森 信じちゃって(笑)
それで、みんなで溜まり場で泊まってて。他に女の子もいてカップルとかごちゃまぜになってたんだけど、その人が一番地位が上なのでベッドで、他の人は雑魚寝だったんですよ。で、私は一緒にベッドで。その時に。

――皆その場に居て?

藤森 皆寝てて。それくらいです。

――そういうエッチって、声も出しにくいし興奮しない?

藤森 その時…生々しいんですけど、外に出したらバレるじゃないですか。射精してティッシュ取りに行ったりとかしたら。だから結局飲んで。

――飲んだらバレないってわけでもないと思うんだけど(笑)

藤森 飲んで証拠隠滅(笑)
多分バレてましたけど、バレてなさすぎても悲しいじゃないですか。

――まあね。 …バレてほしいんだ?(笑)

藤森 (笑)

――そこはかとない微妙な積極性と微妙なエロさですね。

藤森 (こんな話をして)今めっちゃ暑いです(笑)

――その彼、最中に「絶対声出すなよ」とか耳元で言ってこなかった?

藤森 そうですね。その時期はまぁ、ヤンチャな自分が楽しい時期だったから。ちょっとヤンキーも楽しかったけど。

――その人とは長く続いたの?

藤森 その人とは全然。2,3回くらい。結婚してくれませんでした(笑)

仕事のエッチはプライベートと違う!?

――作品に出て男優さんとするエッチと、プライベートでする素人さんとのエッチって、どう違いますか?

藤森 なんだろう…ぐだぐだしない? 私のプライベートのせいかもですけど(笑)

――プライベートだと、どんなぐだぐだなんですか?

藤森 流れが悪い…。あの、例えばこう、舐めている時に「これいつまで続けるんだろう」みたいな。
男優さんだと(舐めた後は)自然な流れで私の体を起こしてくれて挿入って感じになると思うんですけど、プライベートだと「ずっとやってるけど、これいつまで舐めてるんだろう」って。騎乗位も「疲れてきたけど、いつまでやるん?」とか。
でも男優さんは流れるようにスムーズで、でも業務的な流れじゃないっていうか。プライベートよりも時間は2倍も3倍も長いけど、それを感じさせない。

――ちゃんと気持ちが入ってるっていう。

藤森 ですね。

――男優さんのオチンチンとかはどうですか?

藤森 比べてみて? 大きい人が多いなって思います。

――自分の経験でも、今までの最大の人は男優さん?

藤森 うーん、男優さんと互角なのが2人くらいいました。
でも、そのプライベートの人達は「俺デカイよ」っていうのを何だろう、すごく自信としているから嫌で。男優さんは大きさをそんな自慢したりとかないんですけど、(プライベートの人達は)「俺デカイ~どうだ~」みたいなのが…。

――ありがちだ。男優さんは言わないもんね。
男優さんとだと、流れが良いっていう以外にもエッチ自体に違いってありますか?

藤森 うーん…強弱とか? イクまでも、もちろん長いし。長いっていうか、コントロール出来るんだと思うんですけど。

編集部 満足度で言っても全然違う?

藤森 終わった後に「もっとこうだったら良かったな」っていうのは、男優さんはあんまりないですね。

編集部 素人とのセックスでそう思う点って、どういうところ?

藤森 1体位だけで終わるとか。

――男性本位すぎるってことか。

藤森 そうですね。1体位だけで良い女の人もいると思いますけど。

――ちなみに、潮を吹いたことはプライベートであったりします?

藤森 プライベートではないです。

――現場は?

藤森 現場は吹きます。自分で指でも吹けるので。

――すごい。それは気持ちいいの?

藤森 自分でやる時は、クリが当たるので。男優さんにやってもらってもすごい吹くし。

――なるほど。アダルトグッズとかは使います?

藤森 使わないです。持ってない。

――電マとかハマるって聞くんですけど、特にそういうこともなく。

藤森 私、すぐイっちゃうから逆に嫌で。機械で一瞬で終わっちゃったらもったいないじゃないですか。

――連続でイケないタイプ?

藤森 結構時間置きたい派なんで。そこにイクまでが楽しいのに、すぐにイっちゃったらもったいない。電マとか、(イクまで)秒なんで(笑)

――オナニーする時は?

藤森 オナニー全然しないんですよ。
犬飼ってるんですけど、気まずくて(笑) 部屋でAVをオカズとして流すのも気まずくて。

――犬、そこまでわかる?

藤森 わかるんですよ。生理中とかすごく来るし、2匹いるんですけど、以前男の人と家でそういう雰囲気になって私が舐めたりしてたら、僕も私もって来るのでトリプルフェラみたいになっちゃって(笑)
チューとかも、私がしてると入ってきちゃうんで、結局4人でチューみたいになっちゃって。だからもう、家では出来ない。

――それは…ねぇ。

藤森 犬も性的な香りとか感じるのかなって思っちゃって、ちょっと調べたら「エッチ中に犬が吠えます」とか「猫が精子拭いたティッシュにきます」とかっていうのをネットで見て。そこからあんまり犬の前で着替えたりしなくなりました。

――子供に見せちゃいけないみたいな。性的な感覚はセックスでしか味わわないと。

藤森 そうですね。
たまにエッチしたいなとは思うけど、何もないしな、みたいな。

――じゃあ、今は現場だけになっちゃってる?

藤森 そうですね。

 

――首絞めとか噛みつきみたいな、アブノーマルなプレイとかはプライベートでやります?

藤森 首絞め、2,3回ありますけど…相手ももう、加減してるから。なんか、ただのファッション、ファッションっていうか、見栄えだけ。なので、あんまりないかな。

――噛みつきとかスパンキングも?

藤森 全然本気で叩いてって言ってるんですけど、気遣われるんですよね。

――叩いてもらってOKな人?

藤森 そうですね。あ、初見はだめですよ。初めてエッチする人は。

――初見さんはダメなんだ。1回目はダメだと。

藤森 はい。だから結構、Vとかでも台本にスパンキングって書いてあったりすると、男優さんが誰か気になる。気持ち的に、初見の男優さんに叩かれるの嫌なんですよ。何回か会ってる人だったら、叩かれたりとか、言葉責めとかもいいんですけど。初見の人は、仕事でもちょっとってなっちゃう。

――やっぱりそこは信頼関係が、と。

藤森 そう。そしたら結構、なんでも大丈夫なんですけど。おしっこかけられたりとか。

――へぇぇ。すごいなぁ。

AV女優になって、エロ覚醒!?

――AVの世界に入って男優さんとエッチをしていく中で、カラダって開発されました?今まで感じなかったところが感じるようになったりとか、性欲が強くなっちゃったとか。

藤森 うーん…AVをやるまでは、自分が一方的に受け身だったんですけど、なんか、自分で動けるようになりました。自分もよくなるように、動けるようになりました。

――すごいですね。じゃあ、どんどんテクニックも上がっていくし。感度っていう意味ではどうですか?

藤森 感度は…男優さんだと、挿入してるとニュルニュルした感覚になってきます。

――ニュルニュル…触手?

編集部 ニュルニュルっていうのは初めて聞きました。

藤森 (笑)

 

前編では藤森里穂ちゃんのプライベートについて深掘りしました!
後編はしました!里穂ちゃんのエッチな部分を深掘りします。明日、5月10日公開予定です!

藤森里穂
生年月日:1996年12月3日
身長:160cm
スリーサイズ:B86-W60-H88
所属:オールプロ

■藤森里穂の最新作はこちら
■Twitter:@all_riho123

Source: MGSニュース
人気大爆発中!里穂ちゃんはプライベートでは小悪魔系だった!?【藤森里穂インタビュー前編】