S1専属女優・槙いずなインタビュー【前編】身長148cmウエスト55cm愛読書は「源氏物語」▼エッチの知識は保健の授業程度だった女子の初体験秘話▼初めて見たAVは…宇宙人のビームでイカされちゃう???▼震えながらのAV撮影初日・・・でも愛液ビョーンで感度抜群!▼初めてのフェラチオの味は「ちょっとしょっぱかった(笑)」

その他

S1専属女優・槙いずなインタビュー【前編】身長148cmウエスト55cm愛読書は「源氏物語」▼エッチの知識は保健の授業程度だった女子の初体験秘話▼初めて見たAVは…宇宙人のビームでイカされちゃう???▼震えながらのAV撮影初日・・・でも愛液ビョーンで感度抜群!▼初めてのフェラチオの味は「ちょっとしょっぱかった(笑)」

AV女優インタビュー
S1専属・槙いずな(前編)

 

3月にS1からデビューした槙いずなちゃん!
ウエストサイズ55cm!という驚異的な細さをお持ちのちょっぴり古風で恥ずかしがり屋の女の子。
インタビュー前後編の前編ではエッチ知識の少ない学生時代の初体験からAV初撮影でのエッチな糸引き体験まで赤裸々に語ってくれました!
身体はちっちゃいながらもギッシリ中身の詰まった槙いずなちゃんのインタビューをぜひ最後までお楽しみください!

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

── 実際にお会いしてみて改めて分かりましたが、身長が148cmなんですね。

 

槙いずな 低いんですよー。

 

── 守ってあげたくなる!そしてオンリーワンな名前ですね。槙いずなさん。

 

槙いずな 自分で考えたんですよ。

 

── ほう!由来は?

 

槙いずな 古風な名前が良かったんです。憧れがあって。

 

── きっかけは?

 

槙いずな 学生の時に呼んでいた『源氏物語』です。授業で知ったんですけど、そこから自分で買って読むようになって。

 

── マンガではなくて?

 

槙いずな はい。現代語訳も一緒に載っている本を買いました。それを読んでハマりました。

 

── それは何歳ぐらいのこと?

 

槙いずな 高校1年生ぐらいですね。

 

── 多感な時!『源氏物語』といえば…意外と…えーと、あれじゃないですか。(言葉を選びつつ)奥ゆかしき営みの描写も多くて…。

 

槙いずな そうなんですよ!実は学校で読むのも恥ずかしかったんです。先生からも「ここはアレな部分ですよね」って言われたり。

 

── 先生からツッコミが! でも恥ずかしいってことは性の知識もお持ちだったんですね(決めつけ)

 

槙いずな それが、中学校までは男子が苦手で…ちょっと避けてきたというか、目を見て喋れなかったんですよ。

 

── 本当ですか?いまはバッチリ私を見てますけど。大きな瞳で。

 

(FANZAニュース編集)オッサンは平気なんでしょ?!

 

── うっさい!で、どうやって克服したんですか?

 

槙いずな 高校に入って、さすがに全く話さないのはマズいと思いました。ちょっとずつ声をかけて、普通の会話は出来るようになりました。

 

── そこから男友達も増えて。

 

槙いずな はい。当時はゲームにもハマッてたので、『白猫プロジェクト』とか。そこから共通の話題が出来たり。

 

── 若い!スマホゲームの世代!今もゲームやってます?

 

槙いずな 最近は『Ash Tale』っていうスマホのオンラインRPGを。みんなで戦ったり。ゲーム上でいろいろと。

 

── 話しかける?

 

槙いずな いやー苦手ですね。大体一人で動いてます。

 

── ゲームでも古風!

 

槙いずな あははは。意味が分かりません(笑)

 

── 古風につながる特技として、着付けが出来るんですって?

 

槙いずな はい。お着物が大好きで。。慎ましやかな文化にも憧れがあって。素敵だなって。

 

 

 

── しかし『源氏物語』の主人公・光源氏さんはなかなかのプレイボーイであらせられる!(必死に古風な表現)

 

槙いずな そうなんですー。あのような恋愛が出来てしまうのか…って思いました。ビックリしたんですよ。これってマズいことなんじゃないかなって。

 

── 刺激が強いシーンも多いですから。いわゆる禁断の恋です。当時は当たり前だったのかもしれませんが…。

 

槙いずな ドキドキして読んでいました。

 

── 光源氏さんは自分から行くだけでなく、周囲の女性からも迫られます。こういう男性はお好きですか?

 

槙いずな 客観的に見るぶんにはいいですけど、リアルでは引いてしまうかも…(笑)

 

── 男性恐怖症だったんですもんね。今はだいぶ克服しましたか?

 

槙いずな 少しは…(笑)

 

── AVデビュー前に男性経験は?

 

槙いずな 2人だけですね。初めては高校1年の時に、同じ学校の先輩でした。

 

── パイセン!

 

槙いずな 同じ部活の3年生でした。軽音部で。

 

── おお!軽音部で琴か尺八を?

 

(編集)和楽器を取り入れた!?

 

槙いずな あはは違います(笑) 歌う人を募集してたので入りました。その時のバンドでベーシストだった人が初彼氏です。

 

── 青春だぁ!向こうから告白してきた?!

 

槙いずな いや、「弾いてみる?」って聞かれて、全然出来なかったんですけど部室で教えてもらってるうちに親しくなって。

 

── いいなぁ!!キュンキュンする。歌は得意だったんですね?

 

槙いずな いえいえ、本当に人手が足りなくて呼ばれただけなんで…。

 

── どんな歌をカバーしてたんですか?

 

槙いずな アジカンさんとか…。

 

── いいですねぇ!学祭で歌ったり?

 

槙いずな はい。演奏しましたね。みんなの前で。すっごく緊張したんですけど今になればいい思い出ですね。見ていた友達からは「意外だ!」って言われました。

 

── 奥ゆかしき淑女が「消してぇぇぇぇぇ!!」ってシャウトしてたらねぇ。

 

槙いずな 普段から前に出るタイプではなかったので…。「大勢の人の前で歌うなんて」って驚かれました。

 

── その時もベーシストの彼とセッションを?

 

槙いずな いや、学祭の時は違うチームだったんです。でも私が歌ってるのをリズム取りながら聞いてくれてました♪

 

── リアル後方彼氏ヅラ!告白はどちらから?

 

槙いずな 自然な感じで…どちらからともなく。

 

── ナチュラル!では…初体験はどこで?

 

槙いずな それがですね…。ホテルはまだ行けない年齢だったので、彼氏の家に遊びに行って。でもその時事件がありまして…。

 

── なんと!

 

槙いずな ご家族がいない時間に行ったんですけど…もう半裸の状態の時に「帰ってくる」ってなって!

 

── やばい!

 

槙いずな 彼氏が「まだ帰ってこないで」って連絡したら、どうやら察してくれたようで(笑)

 

── あらら!ドキドキですね。お相手は経験者ですか?

 

槙いずな いえ、お互い初体験で。

 

── チェリー&バージン! 挿入するところは間違えなかったですか?

 

槙いずな 大変でした。スゴく時間がかかってしまって…。その時に初めてアソコを見たんですけど、迫力がありましたね。「ああ!これは!」って。

 

 

── 興奮してますね~。

 

槙いずな 好きな人のモノってこんな感じなんだって。嬉しかったですね。全く想像が出来なかったので。

 

── Hに対する予備知識はどのぐらいありました?

 

槙いずな それこそ保健の授業程度です。AVももちろん見たことありませんでしたし。私が読んでいたマンガもそこまでの直接的な表現はありませんでした。

 

── じゃあ、もしかして『源氏物語』が一番エロかった?

 

槙いずな そうかもしれません(笑) ドキドキしながら読んでましたから。しかもその頃に読んでたので。

 

── あなたの光源氏は部室にいたんですね…。スイマセン何言ってるか自分でもわからない。

 

槙いずな あはは。でもその彼氏もスゴくモテる人でしたから。

 

── さりげなくフォローまで!槙ちゃんイイ人だ! でもモテ男の彼女だったら、ジェラシーを感じる場面もあったのでは?

 

槙いずな 最初の頃はそうでしたね~。でも結局、彼氏は3年生だったので卒業してしまって、そこから疎遠になり自然消滅してしまいました。

 

── 環境の変化はしょうがないですよね。そのあとにもう一人…?

 

槙いずな はい。今度は同級生でした。

 

── ベーシスト?

 

槙いずな いえ、バンドマンではなく…私も違う部活を始めてまして。

 

── お! 今度は茶道ですか? お琴ですか? 百人一首ですか?

 

槙いずな ダンス部です。

 

── 日本舞踊?

 

槙いずな ボーカロイドが流行ってたので、千本桜なんかを踊ってみてました。

 

── おお!みんなで合わせて踊る系。ユニドル的な。

 

槙いずな 運動音痴だったんですけど、体を動かすのは好きだったのでダンスは面白かったですね。家でパソコンつけて振りを覚えようとドタバタしながら踊ってました。

 

── 発表会もあるんでしょ?

 

槙いずな 学祭や歓迎会なんかで踊りました。歓声を受けるとやっぱり嬉しかったですね。しかもいろいろと社会勉強になりましたね。

 

── ダンスを通じて人間関係も学べますもんね。ということは彼氏さんも同じ部活で?

 

槙いずな 全然別です。同じクラスだっただけで(笑) 向こうから3回ぐらい告白されまして、最後の最後で「ここまで自分のことを思ってくれる人なら、一緒にいても楽しいかな?」って。

 

── 優しい!

 

槙いずな 嬉しかったですね。そんなに話をしたことがなかった人だったので、最初はよく相手のことが分からなくてお断りしてたんですよ。「まずは友達から」って始まって、徐々に仲良くなっていって。

 

── 実際に付き合ってみてどうでした?

 

槙いずな 優しい方でしたね~。でもエッチは1回だけでお別れしちゃったんですけどね。

 

── あれま?

 

槙いずな でも今はいい思い出です。


── 2人のおちんちんは違いました?

 

槙いずな えー?!(照れる)

 

── ごめんね、ウチはエロサイトなもんで…。

 

槙いずな いや、でも違いましたね。「みんな違うんだー」って思いました。

 

── そこからすぐに「槙いずな」さんとしてデビュー。

 

槙いずな そうです。高校を卒業したのもついこの間のような気がしますね。

 

 

── AVデビューのきっかけは?

 

槙いずな 実はそれが、その時に付き合っていた人にショックなことを言われてしまいまして…。

 

── なんだとーーー!!優しい男がなんて言ったの?

 

槙いずな その方は経験がある人だったんですけど。「あんまり反応がないね…」って。マグロというか…。あ、私ってそうなのか…って。受け身なタイプだったので。

 

── ひどーい! まだやり方を知らないですもんね。源氏物語ではそんな詳しくド痴女プレイは出て来ないですもんね。

 

槙いずな はい。なかなか激しい描写はあるんですけど…。でもそれを言われて、「普通」ってなんだろう?「マグロじゃない人」ってどんなんだろう?って思ってAVに…。

 

── 勉強家!向上心の塊!

 

槙いずな …悔しかったんですよね。AVというものが気になり出して、どんなモノなのかなって。

 

── 反骨心!でも作品によっては参考にしちゃいけないようなトンデモ系AVも…。

 

槙いずな これは撮影の時にもインタビューで話したんですけど、初めて見てしまったのが、ちょっと変わった作品でして…。

 

── おおっ!?

 

槙いずな 宇宙人にさらわれて…。

 

── (黙って聞いてる)

 

槙いずな 手からビームが出てイカされちゃう。

 

── なぜそれを選んだ?!(笑)

 

槙いずな 女友達から「面白いのがあるよ」って言われて。

 

── その友達、素晴らしいAVマイスターになれるよ。

 

槙いずな 恋愛の相談をしてた友達だったんですよ。URLを教えてもらって…見たら…。

 

 

── いかがでした?

 

槙いずな 衝撃でした。宇宙人にイカされてあんな大きい声でアエぐんですね。

 

── なにしろ宇宙人ですからね。

 

槙いずな そもそもイッちゃうことなんてなかったですから。最初なんて一切アエいでなかったと思いますから。

 

── 相手も童貞くんでしたから。

 

槙いずな でもそういうのを見て、私もAVに出て勉強してみたいなって。体位も全然知らなかったし、デビュー作だって初めてのことだらけだったんですよ。

 

── なるほどー。そりゃそうですよね。宇宙人以外にもチラ見したAVはあるんですか?

 

槙いずな その友達から教えてもらったのが…。

 

── (ワクワク…)

 

槙いずな 潜入して捕まっちゃう捜査官とか…。他にもフェチ的なヤツを…。

 

── その子の将来が楽しみだ(笑)

 

槙いずな こんな世界があるんだ!っていう好奇心がその子にはあったようで。変わった作品も知ってたみたいですね。

 

── 槙さんはエスワンからデビューされますけど、エスワンっていうメーカーは知ってました?

 

槙いずな 知らなかったです。

 

新人NO.1STYLE 槙いずな 18歳 AVデビュー

新人NO.1STYLE 槙いずな 18歳 AVデビュー

 

── メーカーは意識してないですよね。

 

槙いずな 調べたらビックリしました。AVってフェチ的な作品ばかりだと思ってましたから(笑)

 

── 洗脳されてる!実際にAV業界の門を叩いてみていかがでした?

 

槙いずな 面接に行って、最初は怖い人が出てくるんだと思ってたんですけど…。

 

── でた!AV業界あるある。

 

槙いずな イメージとは全然違ってビックリしました。女性スタッフさんがいたり、エッチな話を真面目にしていたり。楽しくお話しできて安心しました。

 

── そしてすんなり専属デビュー!おめでとうございます。

 

槙いずな そうなんですよ…。最初は全く実感がなくて。「本当にデビューするのかな」って感じでした。

 

── じゃあむしろ緊張もせず?

 

槙いずな いや、前日は眠れませんでした。そして撮影が終わった日は、撮影の夢を見ました。

 

── ひょえー!

 

槙いずな それぐらい衝撃的でした。事前の監督面接で台本を読んで、ようやく実感がわきました。

 

── 台本読んだ感想は?「なんで宇宙人が出て来ないの?!」って?

 

槙いずな それはなかったです(笑)。男優さんも全く詳しくなくて、台本に載っているお名前を検索してドキドキしてました。

 

── イメトレしたんですね。

 

槙いずな したはしたんですけど…当日はこんなもんじゃないんだろうなって。それに初対面ですることなんて経験がないので…。どんな感じなんだろうって。

 

── そして、不安を抱えつつ当日。槙いずなは大人の階段を昇った(イケボ)

 

槙いずな 完全に徹夜してスタジオに行ったんですけど、緊張しすぎて全く眠くなかったんですよ。

 

── スタジオに入ってみて第一印象は?

 

槙いずな こんなに大きいところなの?!って(笑) てっきりホテルで撮ると思ってたんですけど…。

 

 

── フェチ系AVばっかり見てるから。でもハウススタジオだし、メイクさんもいるし。

 

槙いずな メイクも普段の自分と違うので…。最初はイメージシーンだったんで一瞬緊張は和らぎました。でも全然笑えなくて。

 

 

── 引きつっちゃった?

 

槙いずな 「もうちょっと笑って!」って言われたんですけど、顔がこわばっちゃって無理でした。たぶんデビュー作では全然笑えてないと思います。

 

 

── ウブでいいと思いますけど…。

 

槙いずな 想像以上に人もいて。監督さんと男優さんだけぐらいかなと思ってたんですけど、イメージシーンから10人ぐらいいたので余計にドキドキしました。照明もキラキラしてるし「ここで脱ぐんだ~」って。

 

── 意外と回りが見えてるじゃないですか。監督は紋℃さん。

 

槙いずな 楽しい方でしたね。私の今までのことをちゃんと聞いてくださいました。

 

── そして初脱ぎのシーンですね。

 

 

槙いずな 特にインタビューされてる時は震えてるんですよ。映ってるかどうかわからないですけど。宇宙人のAVの話をしたことは覚えてるんですけどね(笑)

 

── そこだけは覚えてるのね(笑)

 

槙いずな あははは!でも私、脱ぐのは相当時間がかかってしまったと思います。なかなか脱ぎにくくて…。隠しながら脱いだ記憶があります。

 

── いよいよ全裸に!

 

槙いずな どこを向いていいか分からなくて下を向いていたと思います。

 

── そして男優さんが登場です。

 

槙いずな 玉木れいさんでした。いい匂いがした記憶があります(笑) 第一印象は優しそうな方だなって思いました。実際にもすごく気遣ってくださって…。最初にキスをするときなんてもうドキドキしちゃって!初めて彼氏とやった時よりも衝撃的でした。

 

── すげぇ!目はつぶっちゃいました?

 

槙いずな あ!そうそう。「目あけて」って言われたからつぶっちゃってたんだと思います(笑)

 

 

── ずーっとつぶってたの?!

 

槙いずな 目を見るのも恥ずかしくて!

 

── 初対面ですもんね~。そこから前戯に移ります。

 

槙いずな 今まで触られたことがないような触り方をされました。

 

── どんなどんな?!

 

槙いずな 私が初体験した時とは比べられないような、不思議な感覚でした。すごく濡れてたらしいんですけど…。

 

── 濡れた!

 

槙いずな 恥ずかしかったのが、カメラの前でビョーンって伸ばされたんです。

 

── 愛液を! 

 

槙いずな よくあるやつですよね。自分もされちゃうんだ!って(笑)

 

── プロの男優さんのおちんちんはいかがでした?

 

槙いずな 実際に見て…余計にドキドキ。そこからはもう…ほとんど覚えてないです。無我夢中で。どうしようどうしようってなっちゃいました。終わってからようやく振り返ることが出来ましたね。「ああだった、こうだった…」って。

 

── ようやく我に返れたんですね。痛くはなかったですか?

 

槙いずな 全く。優しくしていただいたんで。初体験の時はすごく痛かったんですよ。探り探りだったんで余計に痛くなってしまって。

 

── ローションは?

 

槙いずな 存在すら知らなかったです。2人とも初体験でしたから。

 

── ベーシストくんも知らなかったか~。

 

槙いずな 「濡れる」っていうことも知らなかったです。

 

── そこから数年で大成長ですね!

 

槙いずな いやー、どうでしょう。まだまだ始めたばかりですし…。

 

── 糸を引いてる時点で成長ですよ。

 

槙いずな (恐縮してる)

 

── 作品を見てみたいですか?

 

槙いずな いやー、たぶん恥ずかしくて見られないと思います。

 

── 続いてはフェラシーンです。大きかった?

 

 

槙いずな いやー、そもそも私は今までずっと受け身だったので、自分からフェラをするっていうこと自体がなかったんですよ。初めてではないんですけど、2度目ぐらい。

 

── やり方も知らず?

 

槙いずな はい。手コキもどのぐらいの強さでやればいいのか分からないですし、フェラも歯に当たっちゃったらどうしよう…って思ってなかなか出来なかったんです。

 

── 優しい~。お味はいかがでしたか?

 

槙いずな ちょっとしょっぱかった(笑)「これが汁なのかな」って。ここのシーンは自分がする側だったので結構覚えてますね。

 

── この作品は何日かけて撮ったんですか?

 

槙いずな 2日です。パッケージ写真の撮影日も合わせると3日です。

 

── 3日撮り。

 

槙いずな 順番通りに撮っていって、フェラまでが初日です。2回目のエッチから2日目ですね。

 

── 初日の撮影を終えて、感想は?

 

槙いずな ずーっと考えてましたね。「大丈夫だったかな~」って。

 

 

── 大丈夫でしょう?

 

槙いずな 出来たかな?って。「明日も頑張ろうね」って監督さんに言ってもらったんですけど、やっぱり不安はありましたね。恥ずかしくて脱ぐのにもスゴく時間かかってしまったし、インタビューも緊張で無言の時間がたくさん…。

 

── 「作品」として成立してるかどうか不安になっちゃった?

 

槙いずな マネージャーさんにクレームが行ってないかな…とか。で、その日も結局眠れなかったんですよ。

 

── 徹夜して現場に行ったのに、また?

 

槙いずな 明日も2回あるー、大丈夫かなー。って(笑)  また初対面の男優さんだし。

 

── 目が充血したり腫れたりしなかたった?

 

槙いずな いやー、どうでしょう。ドキドキで眠れなかったです。でも2日目のお昼休憩で「軽く寝たほうがいいんじゃない」って言われて。

 

── ようやく寝られた?

 

槙いずな 全然眠れず(笑)。結局2日間寝ないで撮影が終わりました。

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

 

インタビュー前編はここまで!
槙いずなちゃんの恥ずかしがりながらも成長していく過程が知れたんではないでしょうか!?
後編も是非お楽しみに♪

(インタビュー・文・構成/FANZAニュース編集部)

 

今週金曜の6月5日にはエスワンオンラインラジオに登場ですよ!

聞いてね!!!

 
Source: FANZAニュース
S1専属女優・槙いずなインタビュー【前編】身長148cmウエスト55cm愛読書は「源氏物語」▼エッチの知識は保健の授業程度だった女子の初体験秘話▼初めて見たAVは…宇宙人のビームでイカされちゃう???▼震えながらのAV撮影初日・・・でも愛液ビョーンで感度抜群!▼初めてのフェラチオの味は「ちょっとしょっぱかった(笑)」