枢木あおい3周年記念インタビュー前編!VRクイーンくるるるるるぎ氏が『3日間』や『ハメ撮りVR』など大ヒット作の撮影秘話や今だから話せるデビュー当時の逸話を語る。▼お芝居が高評価。その秘訣を聞いてみたら…!

その他

枢木あおい3周年記念インタビュー前編!VRクイーンくるるるるるぎ氏が『3日間』や『ハメ撮りVR』など大ヒット作の撮影秘話や今だから話せるデビュー当時の逸話を語る。▼お芝居が高評価。その秘訣を聞いてみたら…!

AV女優ロングインタビュー 枢木あおい(前編)

 

 

お待たせいたしました。枢木あおいちゃんが久々にFANZAニュースインタビューに登場です。
前回は初々しさマックスな時代にお越しいただきました。

「実は…デビュー作から2回目の撮影の時に…」

デビュー3周年を迎えた今だからこそ語れる話が満載です!
前後編でたっぷりたっぷりお届けしますので、ファンの皆さんは何度も何度も読んでくださいね!

おつるぎ!(枢木さんのキメぜりふ)

 

デビュー直後のインタビューはこちら。 まだFANZAニュース前身のDMMニュースR18時代です。

年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。
年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

 

デビュー前のプライベートな話はこちらを読んでください。
今回はその辺に全く触れておりません。

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

 

── おはようございます!おつるぎ!

 

枢木あおい おつるぎ!お前らシコって寝ろよ!

 

── ちょっとトイレ行ってくる!

 

(FANZAニュース編集)待て待て待て待て!

 

── だってシコれって…。

 

(編集)枢木さんの決めセリフですよ。ツイキャスとかで締める時にいつも使う…。

 

── 三周年おめでとうございます!

 

枢木 ありがとうございますー。そうだー三周年だ~。

 

── それにしても枢木さんは歌が上手いですよね~。過去にカラオケツイキャスを見ましたけど。

 

枢木 あ!ありがとうございます。うれしいいいいい!

 

 

マネージャー 私も聞いたことありますありますあります!上手いですよね~。

 

(編集)なぜに必死?

 

── 音楽ライブでも何度か美声を披露されていますよね。

 

枢木 そうですね。『みるじぇね(Milky Pop Generation)』さんや『LADY MADONNA』さんで歌わせていただいてます。

 

 

── Twitterでは出番前に「緊張してる」っていつも呟いてますけど本当ですか?

 

枢木 いやメチャメチャ緊張してますよ!本当にいつもゲロ吐きそうになりながら(笑)

 

── 堂々と自信をもってステージに立っているように見えますけど…。

 

枢木 昔から緊張しぃで。いまだにAV撮影の前日にも寝られなかったり…。

 

── マジで!?

 

枢木 撮影のたびに京都から上京して来て2週間ぐらいでまとめ撮りをするんですけど、上京一発目の撮影前日は「やっべー眠れないな~」って。

 

── もう3年目だから仲良しの監督さんも増えてるから初対面ばかりじゃないと思いますけど…。

 

枢木 いやーそれでも緊張しちゃうんですよね~。

 

── じゃあお客さんがギッチリ入ったライブで歌うなんて…。

 

枢木 なおさらですね~。ステージに立っちゃえば緊張もぶっ飛ぶんで大丈夫なんですけど。始まるまでが地獄のような緊張が…。

 

── 声もかけられないような顔しちゃってるの?

 

枢木 (怯えた顔して)「ああっ…ああっ…!」ってなってますよ。

 

── それはそれでエロい! 曲のジャンルも幅広く歌ってますよね。

 

枢木 アニソン系が多いですけど、アイドル曲やボカロも歌います。

 

── ステージで歌っている時の感情はどんな感じなんですか?

 

枢木 なんだろうな…。支配感じゃないけど、お客様を先導しているような感覚がスゴく気持ち良くて。コールも起こるし。

 

── 元々AVデビュー前にアイドルとして音楽活動もされてたんですもんね。そして今もまたステージに立っている。

 

枢木 そうですね。デビューしてからもずっと歌手活動をやりたくて、マネージャーに何度も「出たい」って言ってたんですよ。ある時ファンの方が「枢木あおいは歌えるよ」ってライブ運営さんに伝えてくださったんですよ。

 

── ファンの方が橋渡し役に!

 

枢木 本当に感謝です。緊張しながらも、終わった後には達成感と充実感がありますね。最高です。

 

── スロットで大当たりしたのとどっちが快感ですか?

 

 

枢木 あはははは!どっちだろーなー(笑) ライブの方がテンションぶち上がりますね。その日の夜はアドレナリンが出過ぎて眠れないことも多いです。疲れてるのに。

 

── そういう夜はどうやって過ごすんですか?シコッて寝るの?

 

枢木 あはは!YouTube見てますね。YouTubeを2~3周見て「もう見るのが無いな」ってなったらエロいのも(笑)

 

── 朝になっちゃう!

 

枢木 本当にそんな感じですね~。

 

 

 

── AVデビュー3周年ですけど、デビュー当時に現在の自分は想像してましたか?

 

枢木 いや~、えー!想像もつかないですね。私自身…デビューから2回目の撮影(キャンディと無垢を各2本ずつ、トータル4本目)が終わって京都に帰る新幹線の中で、事務所の社長に「私、辞めようと思うんです」って言ったんですよ。

 

── ひょえ~!開始3分で爆弾発言が!(詳細は後編で聞いております。少々お待ちください。)

 

枢木 でも「まあもうちょっとやってみようか」って思い直して、何となくのテンションで続けてたら現在に至っているっていう…。まさか3年も続くとは。あははは!

 

── 今や撮影オファーがたくさん来てるでしょ。特にVRクイーンとして大人気。

 

枢木 ありがたいことですね。最近は『ハメ撮りVR』の反響が大きいですね。

 

 

── 普通のVRと比べてどのぐらい撮影方法が違うんですか?

 

枢木 まず男優さんが喋りますし動きます。カメラが男優さんのオデコあたりに付いてるんですけど、意識してレンズを見るようにしないと目線がズレちゃうんですよ。思わず男優さんの目を見ちゃうと「違う違う違う!」ってNGになっちゃうから大変ですね。

 

── VRもそうですけど、枢木さんは主観作品での評判がすごく高いです。撮影で心がけていることはあるんですか?

 

枢木 やっぱり目と目を合わせるのって大事だと思いますね。でも撮影ではレンズを見つめないといけないじゃないですか。初めは苦手だったんですよ。でもカメラを人の顔として認識して、「この人は今こういう表情をしてるんだ」って想像しながら演じてますね。

 

── 相手が喋ってるのをイメージしながら?

 

枢木 そうですそうです。勝手に頭の中で会話をしてます。

 

 

── すごいですね~。子供の頃から一人喋りする少女だったの?

 

枢木 あー!確かに…一人で悶々と想像するのが好きな子だったかもしれない…。うん、そうだったかも!

 

── 「学生時代は陰キャだった」ってツイキャスなどで話してましたが…。

 

枢木 そうなんですよ!陰キャです陰キャです!あはははは!!!!

 

── そのリアクションでは説得力がゼロですよ(笑)

 

枢木 あはははは!今も陰キャですよ~。別にそんな明るい性格ではないですね。学生時代は「明るい女子のグループにいるけど静かな人」っていう存在でした。

 

── なるほどー。

 

枢木 盛り上がってる人たちを近くで見てる人wwwww

 

 

── 最初苦手だったVRが得意になったキッカケは?

 

枢木 最初は全然わからなくて…。そうだ!初めて出演したVR作品はもう一生見たくない!!

 

── そこまでマズかった?(敢えて作品画像は載せません。探してちょ。)

 

枢木 確かOLの格好をして謝罪をするヤツだったんですよ。でもOL役をすること自体が初めてだったし、当時は撮影でスーツなんて着たことがなかったから、どんなセリフ回しをすればいいのか全く分からなくて。しかも謝罪なんてアルバイト時代にしたぐらいだから…。

 

── 演じる見本がなかったんですね。

 

枢木 おまけに初VRで勝手も分からないからカンペやスタッフさんの顔を見まくっちゃって。

 

── 大丈夫かな?って不安になりますもんね。

 

枢木 ファンの方にも「あの時と比べたら良くなったよね」って言われたりするぐらいです。

 

── 成長したってことじゃないですか~。

 

枢木 ってことなんですかね…。だから…特に「この作品がターニングポイント」っていうよりは、徐々に覚えていった…のかな…?

 

 

 

 

── VRじゃなくてもターニングポイントとなった作品はあるんですか?デビュー直後に一度辞めようと思ってたそうですけど(笑)

 

枢木 女優として「この作品のお陰で今がある」っていうのは、Marrionさんの『パンチラ誘惑VR』ですね。あれがスゴく売れたから今があると思ってます。

 

【VR】超至近距離でアイドルダンス&パンチラ見せつけオナサポ応援娘 JOI&生中出しセックス 枢木あおい

 

── 名作ですね~。

 

枢木 あの作品が発売されてからオファーがすごく増えたんですよ。でも、あの作品のお陰で毎回無駄にダンスをさせられるようになりました。あははは!

 

── AV女優あるある!

 

枢木 も~ダンスが苦手だからイヤでイヤで~(笑) 昔アイドルをやってたってだけで踊れると思われてるのかもしれませんけど。私は踊らずに歌うだけでしたから。

 

── ソロシンガー系のアイドルだったんですよね。

 

枢木 いつも「踊れませーん」って現場で言ってました。カンフーの蹴りは出来ても踊れないんですよ(笑)

【VR】枢木あおいのカンフーしちゃうぞ!射精10発!早漏の兄弟子のおかげでアオイの射精誘発スキルはいつの間にやら達人クラス!

 

── あははは! でも、苦手ながらも常に全力投球した結果が出たわけですから。

 

枢木 頑張りました~。

 

── たくさん出演作がありますけど、ご自身が気に入ってるパッケージ画像やサムネイル画像はありますか?

 

枢木 VRだとクリスタル映像さんで初めてメイドをした作品の写真です。

 

【VR】枢木あおい スク水メイドと中出しSEX!ボクのことを好き過ぎるご奉仕メイドとのなんともうらやましい日常。

 

枢木 どちらかというと、可愛い系より痴女っぽい写真の方が好きなんですよ。

 

── ほう!素はやっぱり痴女系なんですかね。

 

枢木 はい。それに綺麗系な写真が好きなんです。

 

── デビューの頃はMで、痴女作品に出てからSの楽しさに気付いたというインタビュー記事もありましたけど、現在はいかがですか?

 

枢木 どっちもイケますね!撮影ではSっぽい痴女役の方が今はやりやすいです。

 

── 芽生えちゃった。実は子供の頃からドSだったんじゃ?

 

枢木 そんなことないですよ~(笑) デビュー前はSっぽい性癖はなくて、自分ではドMだと思ってたぐらいですから。

 

── エロマンガで興奮してオナニーしてたし。

 

枢木 そうですそうです(笑) 今もプライベートではMな本質もありますから。

 

── M作品で欲望を発散出来た作品はありますか?

 

枢木 やっぱり緊縛ですね。

あの日からずっと…。 緊縛調教中出しされる制服美少女-Hard覚醒- 枢木あおい

制服美少女 蛇縛輪● 無垢×アタッカーズ 本格緊縛SMドラマ 枢木あおい

 

── 三代目葵マリーさんも取材にお邪魔した作品ですね。吊られてましたけどツラくなかったですか?

 

枢木 めちゃめちゃ楽しかったですね(笑)

年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。
年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

 

 

── 写真でもニッコニコしてましたもんね。

 

枢木 ニッコニコしてました!(笑)始まると無表情で頑張ってましたけど、吊られるのは好きですね。

 

 

── 吊られることに憧れがあった? あ!大きく頷いた(笑)

 

枢木 あははははは!他の女優さんが吊られてる作品を見てましたし、無垢さんだけでも緊縛作品に3本も出演させてもらいました…いや~、いいですね!!!(ご満悦)

 

── さっきは小悪魔チックな作品がやりやすいって言ってましたけど、気持ちがノメり込むのは緊縛作品だと。

 

枢木 吊られてツラいんですけど、ライブの時とはまた逆で「支配されている感」。自分じゃどうにもできない状況でいろいろされるのが気持ち良くて好きですね。緊縛3作目で初めてバラ鞭を使ってもらったんですけど、私が叩くことはあっても今まで叩かれることはなかったんで…。

 

── 初バラ鞭の感想は?

 

枢木 思っていたのより気持ち良かったですね。同じところを叩かれ続けることでだんだん増してくる痛みが良くて。そういうMなモードに入ってるから「もっとしてください!」的なテンションでしたね。普段なにも無いところで叩かれたら「おいっ!」ってなりますけどね(笑)

 

── そりゃそうだ(笑) 他の作品と比べてやっぱり撮影後の充実感も格別?

 

枢木 やりきった感はすごい反面、もっとやって欲しい…っていう気持ちもどこかにありますね。

 

── エロいな~。じゃあ今後AVで枢木さんの欲望を叶えるとしたら、どんなプレイをしてみたいですか?

 

枢木 やっぱり緊縛系ですかね。犯●れるのではなく、恋人同士の愛のある緊縛プレイ。

 

── 「支配」ですね。

 

枢木 精神的なプレイがいいですね。フフッ(照れ笑い)

 

 

 

 

── FANZAで「枢木あおい VR」って検索したら300件以上ヒットしますね。これだけあると、さすがに覚えてない作品もあるのでは?

 

枢木 それが私、意外と覚えてるんですよ。作品のことは忘れないですね。パッケージ写真を見ればだいたい思い出せますよ。

 

── 枢木さんといえば絶対外せない作品はこれですよね。

 

彼女が3日間家族旅行で家を空けるというので、彼女の友達と3日間ハメまくった記録(仮) 枢木あおい

 

枢木 あー!『3日間』!

 

── 私が昨年見たAVの中でもトップクラスの名作だと思いました。キュンキュンきますよね。

 

枢木 ありがとうございます!

 

── この『3日間』もそうですけど、最近ドラマAVの本編中にスマホの映像を使ってる演出をよく見かけます。

 

 

枢木 たくさんありますよね。

 

── スマホ映像内のお芝居が日本一上手なAV女優は枢木さんだと思いますよ。

 

枢木 ええええ!?本当ですか?

 

── 演技が自然だし、臨場感があるんですよね。ラブラブ感も切ない感じも、少ないセリフや目だけで表現できてるから感情移入がしやすい。

 

枢木 いや~ホンマですか~? 特に意識してないんですけどね。本当にそのキャラになりきってるので、「好きな人にスマホを向けられたらどんな気持ちになるかな」って考えてそのままやってます。なので半分は私自身だと思います。

 

── 素なんですね。やっぱり関西弁の方が素に近い?

 

枢木 そうですね。関西弁で演じていい作品の方が素に近くなりますね。

 

── 今日はそこまで関西弁が出てないから素じゃないってことで…。

 

枢木 わー違う違う!それはまた違う話で~(笑)

 

── 関西弁と言えば、FANZAニュースで連載してるラッパーのかるまtheZIPPERさんが本中作品をべた褒めしてました。

至近距離に彼女がいるのに耳元でコソコソ口説いてくるささやき誘惑中出し 枢木あおい

 

枢木 あー!これだ!記事読みましたよ。ありがとうございます。

 

年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

 

── あのセリフが普通にポンポン出てくるなんてどんだけ小悪魔なんだ!

 

枢木 ありがとうございます(笑)

 

── もっと素を引き出すべくゲストをお呼びしております。無垢のプロデューサーさんです!

 

無垢P どーもー!

 

枢木 わー!おはようございます!さっきまで無垢の話をしてたのに~。

 

無垢P 遅かったか~。巻き戻してもらえます?

 

── 出来ません!

 

 

 

── 『3日間』の話を続けましょう。朝霧監督の演出で定点長回しシーンがありました。

 

枢木 そうですそうです!主人公の彼の家に初めて入ったシーンが長回しでしたね。特に撮り直しをせずに一発OKでしたよ。

 

── すごい!入念なリハーサルがあったりするんですか?

 

枢木 いや、流れに任せる感じでしたから。カメラの画角が「どこからどこまで(映るか)」っていうのは結構チェックしましたけど。

 

── 二人が部屋に行って映像からは消えるけど、声だけ聞こえるシーンが…。

 

枢木 あれいいですよね!

 

無垢P なんであんなに自然に演じられるんだろうっていつも思うんですよ。

 

── 自然といえば同じ朝霧監督の『おじさん』。この2作品で枢木さんが演じたキャラの差ですよね。正反対。

AV女優 枢木あおい、…とおじさん。

 

無垢P 幅広い役を本当にリアルに上手に演じ分けますよね。どうやってるの?

 

枢木 あんまり考えてないですね!

 

無垢P (ズッコケ)

 

枢木 そこまで考えて作品を撮るのが得意じゃないと思うんですけど!あはははは!

 

── 『おじさん』も素なんですか?役柄とはいえあんなキタナいオッサン(演:中田一平)に優しく出来るなんてどれだけイイ子なんですか?!

 

無垢P そうだそうだ!

 

枢木 あはははは!

 

 

無垢P オジサンの欲望や夢を叶えてくれる作品ですよね。

 

── これもそこまで細かい事前の打ち合わせは…。

 

枢木 そこまで細かくは無かったです。

 

無垢P それであそこまで自然に出来るって!(驚嘆)

 

マネージャー 今日はオジサン2人で褒め殺しする会ですか?(笑)

 

── (少し我に返る)『3日間』はシリーズ作品ですけど、事前に川上奈々美さんたちの前作は見てたんですか?

 

枢木 見てなかったです。

 

── 見てなくても出来ちゃう!!!

 

無垢P 他の人の作品を見ちゃうと影響されちゃうから?

 

枢木 そうですね。「マネっこ」になるのは怖いので。長回しのような普段はやらないような撮影方式でも「この監督さんはこういうやり方が好きなんだな」って。

 

無垢P かっこいい!!!

 

── この作品も良かったですね。『復讐中出し』。

嫌いな男に彼女が寝取られて鬱勃起したので、別れる前に復讐中出しデートを決行。 枢木あおい

 

枢木 これは楽しかったです!楽しかった~!!

 

── 野球がお上手で(笑)

 

枢木 大好きです!あははは!

 

── タイガー小堺監督はドキュメントAVが有名ですけど、僕はタイガーさんのエモいドラマが好きなんですよ。

 

枢木 わかります!エモいタイガー。

 

── この作品は究極のエモいタイガーだと思います。ネタバレさせないようにしますけど、最後の方のキメ台詞で…ヌキました。

 

枢木 あっはははははは!!!

 

マネージャー だひゃははははは!!!

 

── あのセリフを自然に言えるって、どんな私生活を送って来たんだろうって思いましたね。

 

枢木 うふふふふ~。いや~…私生活でああいう経験はないですね。どちらかというと、アニメやドラマをたくさん見てきたからかな…?この作品は、主観主観でずっと来て最後に客観映像だったんですよ。で、客観になる直前の主観シーンで、(カメラを持っている)タイガー監督と思いっきり口喧嘩をするシーンがあったんです。そこで感情が入りまくってたから、最後のシーンではリアルな言葉がどんどん口に出てきたんだと思います。

 

── なるほど~。じゃあ最後のシーンがタイガー監督とハメ撮りだったらもっとスゴいことに!

 

枢木 あはははははは!それだったら普通にケンカしてたと思う!(爆笑) タイガーさんは好きだけど私も彼もヒネクレてるから~。それに煽ってくるのが上手いから「こいつ~!!!」って思いながらやってましたね。

 

── 台本にないセリフもポンポン出てきた?

 

枢木 基本的に私は台本を覚えられないので(笑)

 

無垢P 天才だ!キャラになりきって流れに任せて出来ちゃうタイプですね。

 

── 「鬱勃起」と言えば麒麟監督やモルツくん監督の代名詞ですけど、タイガー監督もいいなって思いましたね。

 

枢木 実は私もこの作品はオススメですね。思い入れが詰まってます。

 

 

 

── 幅広く様々な役を演じてますけど、台本をもらったらすぐに役に入れちゃうんですか?痴女もドMもあればコスプレの二次元的な役もあるし…。

 

枢木 割とやってる間に掴んでいくタイプかもしれませんね。台本を読んで、「この子はこういう子なんだろうな」って大まかに喋り方なんかを考えますけど、ちゃんと固まるのはドラマシーンとか、最初のカラミシーンとか。途中で「あ!」ってなることが多いです。

 

── 降りてくるんですね。

 

無垢P 痴女とMと、ある程度のパターンは自分の中にあるでしょ?

 

枢木 そうですね。パターンはありますけど、何かを参考にしているわけではないです。AVもあまり見ないし。だからド痴女がまだ出来ないんですよね。どんだけ頑張っても小悪魔的な痴女にしかなれなくて。女王様役は勉強中ですね。

 

── でも、さもあり監督のこれはスゴかったじゃないですか。あらゆる性癖を持ったM男たちをいたぶって。

 

すべてのM男は食べものです 枢木あおい

 

枢木 うふふふふ!これね~!「みんなバカなのかな?」って思いました(笑)

 

── 理解できないような性癖の持ち主も多いですからね(なぜかM男をフォロー)。この作品で一番印象に残ってる性癖の男は?

 

枢木 男潮!あとは乳首だけでイク人! すごいなーって思いました。この2人が連続してきたので「ここのパートは濃いなー」って(笑)

 

 

── 枢木さん自身はどんな性癖をお持ちですか?

 

枢木 性癖…。あ、でも昔からセックスしてる時に、手を上に持ち上げられて押さえつけられたりすることが好きですね。

 

── やっぱり「支配」! 逆にNGなプレイってあるんですか? 撮影でもちょっと苦手だな…とか。

 

枢木 うーん、特にないですかね。

 

── 取材したところによると、腋を舐められるのが苦手だと…。

 

枢木 あー!苦手ですね~。くすぐったいし恥ずかしい!

 

── でも『3日間』で舐められてましたよね。

 

枢木 やられてました~!!!!!!

 

── 本気で嫌がってるっぽくて興奮しました。

 

枢木 うは~はははは!確か男優さんがアドリブで舐めてきたと思うんですよね。私そういうイレギュラーなものに弱いから(笑)

 

無垢P あははは!いいですね。敏感ですね。

 

枢木 耳に息を吹きかけられたりするのも弱いですね~。

 

── 『3日間』では男の家に初めて行って、迫られて、最初は拒んでるんですけどくすぐられたら急に「ひゃん!」ってなって。それが結果的に心を許してしまうスイッチになっていたように見えました。

 

枢木 うんうんうん。私の中では何となく「好きな相手だからヤッてもいいけど、まだ早いんじゃない?」ていうテンションだったんですけど、ああいうスキンシップを取ってきて「彼女もいる男だけど、まあいいや!」ってなっちゃった瞬間だろうと思いますね。

 

無垢P そういう感情が切り替わる瞬間をここまで自然に演じるのって…なかなか出来ないんですよ~(切実)。

 

── お!急にプロデューサーっぽい発言。

 

無垢P ナマっぽく出来てガッツリ芝居も出来る女優さんて、そうそういないですからね。

 

枢木 うれちい。

 

マネージャー やっぱり今日はベタ褒めする会ですね。

 

無垢P AV女優ドラフト会議みたいですね(笑)

 

枢木 会場に行きましたよ!!!

 

── フットワークも軽いですね~。そしてご自身もドラフト2位で指名されて。

 

枢木 嬉しかったですね~。でもあの時まさかの指名してくれたのが監督のdecさんで。実はお会いしたことが無いんですよ。

 

── 「完全にファン目線で選びました」ってコメントしてました。

 

枢木 私は後ろの方にいて、あまり監督さんたちの声が聞こえなかったから最初は気づいてなかったんですよ。そしたらヤケにお客さんたちがこっちを見てて(笑)。指名されてだいぶ経ってから「私か~!」って。もっと早く良い反応すれば良かった~って。あはは!

 

年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

 

無垢P ドラフト会議でもベタ褒めされてましたけど、枢木さん的にはどう褒められるのが一番嬉しいですか?

 

枢木 「いいやつ!」

 

── なぬっ!?

 

枢木 うははは!「いいやつ」って言われるのが一番嬉しいですね。作品を褒めていただくのも嬉しいですけど、それはスタッフさん含めて皆の努力じゃないですか。そこだけじゃなくて、普通に喋ってたり、ワチャワチャしてる普段の私を見て「いいやつ」って言ってもらえると「やったね♪」って思います(笑)

 

── フレンドリーな感じですね。男友達のような感覚。

 

枢木 そうそうそう!「いい子」って言われるよりも「いいやつ」。うん。やっぱり「いいやつ」が嬉しい。

 

無垢P それぐらいフランクに接して欲しいと。

 

枢木 うん。来て欲しいですね。

 

── 以前、本中の大共演作品に取材でお邪魔しましたけど枢木さんは本当に「いいやつ」でしたよ(笑)

 

枢木 え!そうなんですか?!大丈夫でした、私?

 

── 暑くて大変な撮影でしたけどフランクに接していただいたので。あー、いいやつだなって。

 

枢木 なら良かったです。あははは!

 

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

前編はここまで!最近の出演作や、思い出深い作品を中心にお話しました。
来週公開予定の後編では、さらに突っ込んでエロエロ話が満載ですよ!

お楽しみに!

 

(構成・文/FANZAニュース編集部)

 

 
Source: FANZAニュース
枢木あおい3周年記念インタビュー前編!VRクイーンくるるるるるぎ氏が『3日間』や『ハメ撮りVR』など大ヒット作の撮影秘話や今だから話せるデビュー当時の逸話を語る。▼お芝居が高評価。その秘訣を聞いてみたら…!