ゆきずりセックス大研究。女性にアンケート調査『どういう関係の相手と、どういうシチュエーションでうっかりヤっちまってるの?』▼相手男性の属性&状況ベスト3をそれぞれ発表。酔ってた時、雑魚寝していて…そしてもう一つはやっぱり…【赤裸々な体験談も満載!官能小説家・大泉りか人気連載 『女性のココロとカラダの秘密』】

その他

ゆきずりセックス大研究。女性にアンケート調査『どういう関係の相手と、どういうシチュエーションでうっかりヤっちまってるの?』▼相手男性の属性&状況ベスト3をそれぞれ発表。酔ってた時、雑魚寝していて…そしてもう一つはやっぱり…【赤裸々な体験談も満載!官能小説家・大泉りか人気連載 『女性のココロとカラダの秘密』】

官能小説家・大泉りかが教える 『女性のココロとカラダの秘密』

女性の皆さんはどういう関係の相手と、どういうシチュエーションでうっかりヤっちまってるの?

 

人生の一服の清涼剤となるか、それともいつまでも舌に残る苦い想い出になるか……やってみるまでわからないのが、同僚や友人、そして行きずりといった想定外の相手との“うっかりセックス”。

前回の( 《ヤリたい星人は必見》大泉りかが女性にアンケート調査!「うっかりセックスをOKしてしまいがちな男性」3選! https://news.dmm.co.jp/article/1134318/2/  )でご紹介したように、今回の行った匿名アンケート(回答数:399票)によると、おおよそ7割が「セックスをするつもりがなかった相手と、うっかりセックスをしてしまったことがある」という結果に。

しかし残ってしまった大きな疑問。

女性の皆さんは、どういう関係の相手と、どういうシチュエーションでうっかりヤっちまってるの?

 

というわけで女性たちの「うっかりセックス事情」に、さらに迫っていきたいと思います。

 

 

まずは、「うっかりセックス」の相手は、いったいどんな関係性の相手だったのか。

 

密かに気になっているあの子とワンチャンはあり得るのか。それともコンドームをポケットに忍ばせて、アヴァンチュール目的で街へと出るべきなのか……その答えは女性たちのアンケートの中にあった!

『女性たちが「うっかりセックス」してしまった相手の属性ベスト3』をご紹介します。

 

1.知人、友人、元カレ、同僚などの身近な人

 

セックスは最も無防備な姿を他人に晒す行為。ゆえに、どこの馬の骨とも知らぬ誰かといたすのはなかなかに勇気が必要です。
反対に、普段、接する機会こそ多いものの、セックスの相手としては、あまり意識していない相手とならば、うっかりのハードルも低くなる。

 

「職場の同僚で、飲み会の帰りについうっかり。」(20代、教員)

「ただの友達だと思って二人きりで遊んでいるうちに、頼みこまれ、一度は断っても『お願い!いいじゃん!』と言われているうちに断りきれず。」(30代、会社員)

「以前お付き合いしていたひとと、久々に会いたいねとなり、お茶だけするつもりだったのに。でもお互いしっくりきませんでした。」(30代、自営業)

「男友達と飲み過ぎてタクシーよりもラブホが近かったとき。」(30代、無職)

「大学の友達で、趣味が合う為よく遊びに行っていました。その日も遊んで一人暮らしの私の家に来て泊まることになりそのままセックスしました。」(30代、会社員)

「長い間友達だった人。彼の方が悩んでいてそれを聞くうちに何となく。」(50代、食品メーカー)

 

男性側はその日、しっかりキメる思惑だったとしても、女性側はいざとなるまで意外と気が付かないことも。「うっかりセックス」の種は身近の転がっているのです。

 

 

次のページ:2つ目は…。

 

2.ネット(出会い系含む)で知り合った人

 

実際に会ったことはなくても、ウェブ上でやりとりとしていると、なんとなく自然に相手に対する親近感が湧いてきます。
ゆえにオフラインで会った時に誘われると「まったく知らない相手じゃないからいいかな」となりやすい。うん、わかります(経験者)。
一方で、出会い系の場合はそもそも顔を合わせたその日にセックスするというスピーディーな展開になりがちなため、うっかり(=好きになる前に)セックスはままある話。

 

「出会い系で会った初対面の男性。2歳上くらい。食事中にエッチな話になった流れで、相手の人から口に指を入れられた。その後相手の方が興奮してしまい、お店を出たあと抱擁されました。この方は食べ方が汚かったので、お付き合いするのはナシだなぁと思っていたので、今晩限りならいっか(せっかくだから?)と誘われるままホテルに行きました。」(30代、会社員)

「ネットで知り合った友達で家飲みしていたら押し倒され流された」(40代、会社役員)

「出会い系で、AV男優と自称していたキモデブ男。見た目で断るのが申し訳なく、流れで。しかも盗撮され、それをネタに脅されたけど、マグロ状態だったし、そんなの売れないだろうと思って強気に出たら平気だった。」(30代、会社員)

「趣味のオフ会に来たうちの1人」(30代、主婦)

 

ちょっと殺伐としたエピソードもありますが(汗)「うっかりセックス」を経験してみたい人は、ネットも上手く利用するのが良いようです。

 

 

3.店の人

 

どこかのお店に足を運ぶということは、お金を払ってその店で何かしらの提供を受けることが目的。
なのに、そこの店員さんと「うっかりセックス」をすることになってはびっくりぽんや(古い)!けど、実際にはあるようで……。

 

「相手は美容師。閉店後カットモデルをしているときにシャンプー台で胸を触られて挿入された。ビタイチ感じていないのが相手に伝わりすぐに抜かれて終わった。」(40代、個人事業主)

「バーの店長に相談していたら、閉店後のでやられた。セックスなしのフェチプレイ中に相手が興奮してなし崩しに。」(30代、会社員)

「行きつけのバーで、そこの店長に口説かれに口説かれて、そういう関係に。が、後日、その店に飲みに行ったら、誰もいなくて『あれ?』と思ったらカウンターの下から店長とバイトの女の子が慌てて出てきて、たんなるヤリチンだったのか、とちょっとプライドが傷ついた」(20代、芸能)

 

常連客に手を出すなんてけしからん!けしからんぞーーー!その店はどこなの? 教えて! そのヤリチンの顔を観に行くから!なんなら下半身も見てくるから! ってちょっと興奮してしまいましたが、もちろん女性側も完全に同意しているならいいですが、セクハラになる可能性もありますので、ご注意を。

 

 

次のページ:どんなシチュエーションだと「うっかりセックス」をしがちなの?

 

いやはや想像以上に、あちこちに「うっかりセックス」が落ちているような気がして少し興奮していますが、さて、ではお次は、どんなシチュエーションだと「うっかりセックス」をしがちなのか。これまた3つのパターンをご紹介したいと思います。

 

1.泥●

 

人生の間違いの原因はほとんどが酒! という方も多いのではないでしょうか。「うっかりセックス」してしまうのもやはり酒が影響していることが多々。

 

「酔った勢い。路上でナンパされ、居酒屋に行き、ホテルへ」(50代、会社員)

「酔っぱらい、記憶柄が曖昧な状態。」(40代、会社員)

「大抵泥●してどうでもよくなっている場合が多いです。」(40代、自営業)

「クラブでべろべろに酔った時」(20代、学生)

「こちらが『ゆるい』とわかっている状態でサシ飲みに誘われ、お酒をたくさんいただいたあと当たり前のようにホテルに誘われた。(初対面)酔っ払ってたししつこく誘われて断るのも面倒くさくて1晩を共にした。」(30代、小売業)

 

普段はできないような、大胆なことをするための勇気付けに酒の力を借りることはもちろんありますが、嫌がっている相手に無理やりに飲ませるのはダメ! 絶対!

 

 

 

2.雑魚寝

 

異性と同じ部屋で寝てるのは危険……ということくらい、女だってみんなわかってるんです。が、それが雑魚寝となると「他に人がいるから、安全」と思ってしまう。が、それが「うっかりセックス」の落とし穴!

 

「もともと気になっていた相手でした。飲み会で雑魚寝した勢いで、他の人が寝ている隣でこっそりやりました。」(30代、イベント業)

「大学のサークルで合宿の時。飲んでいたのもあったけど、雑魚寝していたら手が伸びてきて、触り方が上手かったのでヤってしまった。途中で、童貞キャラというか、弟キャラの後輩だってことに気が付いてびっくりしました」(30代、会社員)

「友人の家のカウントダウンパーティーで。雑魚寝していたらなんとなく、はじまってしまった。ひめはじめだなって思いました笑」(40代、自営業)

 

それにしても隣にいる人たちとの関係はその後どうなったのか、知りたいところです。

 

 

3.終電がなくなって

 

そもそもが「帰るつもりだったのに、帰れなくなってしまった」というのがうっかりな状況。ひとつうっかりすると、次のうっかりのハードルが下がるのは、当然のこと。

 

「友達が終電を逃して家に泊まったとき」(20代、アルバイト)

「あまり男性経験がない若い頃、食事に行こうと言われて行き、返してもらえず、ホテルに泊まろうと言われ、帰れないなら仕方ないなみたいに思っていて、別々の部屋に寝るんだろうなとおもっていたらラブホに連れていかれました。まだ22歳とかだったと思います。その時に、男の人についていくということはこういうことを了解したと思われることなんだなって気づきました。」(30代、会社員)

「すごく若い頃、遊んでいて終電で帰れなくなった時に、ナンパしてきた男性とホテルに行きました。セックスよりも睡眠が目的で。もちろんセックスもしましたが」(30代、飲食)

 

ふたりで寝ているのに、セックスしないのも……なんていう気遣いが、うっかりセックスに。かといって無理やりに終電を逃させるのもいけませんよっ!

 

みな、それぞれに様々なうっかり経験を持っているようですが、いくら『うっかりセックス』といっても、出来れば良い想い出として記憶に残したいもの。ゆえに、男性の皆さまにお願いしたいのは、うっかり愛撫を雑にするとか、うっかり適当に扱うとかはナシで!ということです。

それではまた来週~!!!

 

※あくまでも個人差があります。相手のプレイの好みに合わせてお楽しみくださいね。
また強引なナンパは犯罪につながる可能性もあります。相手が嫌がる行動はヤメましょう。

 

[su_box title=”大泉りか(おおいずみ・りか)”]東京都練馬区出身。キャバ嬢やSMショーのM女などの経歴を経て、2003年、自伝的小説『ファック・ミー・テンダー』(講談社)で作家デビュー。
写真©みならい[/su_box]

 

 

(構成/FANZAニュース編集部)

 

 

 
Source: FANZAニュース
ゆきずりセックス大研究。女性にアンケート調査『どういう関係の相手と、どういうシチュエーションでうっかりヤっちまってるの?』▼相手男性の属性&状況ベスト3をそれぞれ発表。酔ってた時、雑魚寝していて…そしてもう一つはやっぱり…【赤裸々な体験談も満載!官能小説家・大泉りか人気連載 『女性のココロとカラダの秘密』】