懐かしの青春ドラマ風純愛AVの誕生!【太田俊介】

その他

懐かしの青春ドラマ風純愛AVの誕生!【太田俊介】

AVライターレビュー

AVに精通したライター10名による作品レビュー。

【本日のレビュー】
h.m.p
出演:弥生みづき

懐かしの青春ドラマ風純愛AVの誕生!

「好き過ぎて好きが止まらないくらい好きだもん。ゆうくん、世界一大好き」
こんなクサーいセリフがてんこ盛りの青春AV編である。
80年代後半、我らがAV業界でもこんな青春ドラマチックな作品が大流行したものだ。
AVの定番であるセーラー服を登場させる必然性があるから、学園物は王道だったのだ。
映画コンプレックスがあった80年代のAV監督は、真正面から学園ドラマ風を撮った。
もっとも、青春ドラマに力を入れすぎるためにどうしてもカラミがおざなりになりがちだった。
本作は80年代学園ドラマチックな臭いセリフを盛りつつ昔と違うのは、カラミもしっかり、ズッポシ、ハメまくっている点だ。

同じマンションの隣に住むみづきと優太。
みづきは、ベランダからいきなり優太の部屋に「ヤッホー」といって入ってくるほどの間柄なのだ。
一緒に部屋で勉強に励む。
なにしろ優太は成績がわるくて留年して一個下のみづきと同じ学年になってしまった。
勉強も必死だ。
みづきが誘惑。
「ねえ。さっきさあ、わたしでエッチなこと考えていたでしょう……。わたしが教えてあげようか……セックス。冗談じゃないよ、それとも興味ないの? わたしじゃだめ?」
ああ、おれもこんなこと言われてみたかった18の夏。
優太君、チェリーボーイのはずが、指ピストンや舐め技もベテランだ。優太君、みづきのリードで童貞喪失。

弥生みづき、セーラ服がよく似合う。笑顔が元TBS女子アナ・宇○美里に似ているゾ。
弥生みづきの愛されキャラがよく描かれた佳作。

本編動画を観る:気まぐれで僕の童貞を奪った1コ下の幼なじみ、実は僕にぞっこんLOVEだったみたいでイチャラブSEXしまくった日々

Source: MGSニュース
懐かしの青春ドラマ風純愛AVの誕生!【太田俊介】