フォロワー6万人のインスタ女子、モデル、ダンサーがAVデビュー!この夏一番の注目新人AV女優・ひなたまりんに人生初体験のAV撮影をした感想を聞いてみた!「セックスって本当に気持ちいいんですね!こんなに気持ちいいとは思わなかったんです!」▼芸能界からAV転身の理由は?▼憧れだったあの女優さんたちと同じメーカー専属女優になれた!!【インタビュー前編】

Uncategorized

フォロワー6万人のインスタ女子、モデル、ダンサーがAVデビュー!この夏一番の注目新人AV女優・ひなたまりんに人生初体験のAV撮影をした感想を聞いてみた!「セックスって本当に気持ちいいんですね!こんなに気持ちいいとは思わなかったんです!」▼芸能界からAV転身の理由は?▼憧れだったあの女優さんたちと同じメーカー専属女優になれた!!【インタビュー前編】

S1からAVデビュー! ひなたまりんインタビュー(前編)

 

デビュー情報解禁から注目度うなぎのぼり! モデルやダンサーというデビュー前の華々しいキャリアだけに撮影も余裕!セクシーおまかせ!エッチもガンガン~な女の子!かと思いきや(※どんな思い込みだ)、目標に向かって頑張るストイックな女性という評判も業界内外からチラホラ…。

さてさて、さてさてその正体は?!いったいどんな女優さんなんでしょうか。
記念すべきAV女優となって初めてのインタビューを行いました!!

前後編でお届けします!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

――初インタビュー…緊張してませんか?大丈夫ですか??

 

ひなた  はい大丈夫です。よろしくおねがいします!

 

――じゃあ遠慮なく(笑)。それにしてもAVデビュー情報が解禁されてからすごい反響で。ツイッターのフォロワー数も目を離すたびに数千人単位で伸びていくという…

 

ひなた 私も見るたびにビックリしてます。すごく嬉しいんですけど、まだ私がツイッターに慣れてないので大変(苦笑)。後から見直して「あ…改行できるんだ、その方が見やすかったな」って反省したり、ツイートしたあとで「誤字直したいけど消す前にリプきちゃったからもうダメだー」みたいなこと結構あります。

 

――…ガチ初心者じゃなきゃ出てこないコメントですね、それ!

 

ひなた インスタだと編集で直せるじゃないですか、その感覚なんですよ。タグのつけ方もちょっとまだわかってないし…ツイッターに慣れるまではまだかかりそう、楽しいんですけどね(笑)。

 

――そのインスタですが、フォロワー数はすでに6万人越えという…これは前から使ってたアカウントなのかな?

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

ひなた そうですそうです。芸能活動していた時からのアカウントなんです。

 

――6万人以上からフォローされるポテンシャルを持ってるキャラクターということは…ツイッターのフォロワー数も伸びしろたっぷりありそうですね!

 

ひなた あはははは、皆さんフォローよろしくお願いします!インスタも昔の写真は消しちゃったんですけど、これからまたどんどん投稿していくのでよろしくお願いします!

 

 

満たされていた芸能活動、それでも壁にぶち当たり…

 

――さて、芸能活動のお話が出てきたところでそっちのお話も聞きたいんですが…モデル、ダンサーといろいろやってますね。

 

ひなた もともと人前に出ることが好きだったんです。たとえばクラブのステージで踊るのも、普通にクラブに遊びに来ているのとは違う特別感がありましたし、それに「お仕事で海外に行ける」というのも嬉しかったです。キャバ嬢向けのドレスモデルのお仕事も、すごく素敵なドレスを着こなして見せていることで非常にやりがいも感じていました。

 

――かなり充実していたイメージ! それだからこそ「なぜAVに!?」っていうのは気になっちゃうんですよね。

 

ひなた やりがいがあって、お仕事も楽しくて、大好き…満たされてはいたんですけれど、やっぱり「これ以上有名にはなれない」という壁も見えてしまったんですよね。

 

――ほう…

 

ひなた このまま続けていても露出はWEBまでで雑誌に出たりはできないだろうし、ダンサーでもモデルでも若い人がどんどん入ってきて、続けられても限界がなんとなく見えちゃっていたので、もっと先を目指したいなと思って。

 

――有名になりたいのは子供のころからの夢だった?

 

ひなた 子供のころは…私よりもお母さんの方が熱心でした(笑)。お母さん的には、私にがっつり芸能活動してほしかったみたいなんですね。歯列矯正も小学生くらいのときに受けさせてくれていたり。ただ子役のオーディションぐらいまでじゃなかったかな…。私が実際に自分から興味もってやりはじめたのは中学生、高校生の頃で読モのイベントに出たり…

 

――なるほど。それでもAV以外の道も候補にあったのでは?

 

ひなた それは…ありました。女優、モデル、グラビア、ダンサー…いろいろ考えてみたんですけれど、本当になりたい自分になれる職業かと考えたら決定的ではなくて。その上で自分の武器はこの身長だと思ってはいたので、じゃあまだ自分が出し切っていないセクシーの分野で勝負できるAV女優だと。

 

――「なりたい自分」ってなに?

 

ひなた ストレートに言っちゃうと「ビッグになりたい」これですね。その目標の実現に一番近くて具体的だったのがAV、セクシー女優の道でした。

 

――とはいえ、世間一般でよく言われてるような、AV業界に対して負のイメージは無かったの?

 

ひなた それが実はそんなに無かったんですよ。キララちゃん(明日花キララ)、ゆあちゃん(三上悠亜)がずっと好きなんですけど、すごくキラキラしていて女性の目から見ても魅力的だったんですね。

 

――キラキラした女性たちがいる世界…という印象だったわけだ。

 

ひなた それにモデル、ダンサー時代は人前に出られたとしても、アイドルみたいに推されることがなかったんですね。

 

――それが羨ましかった?

 

ひなた 羨ましかったです! でも、そんなキラキラした人たちがたくさんいる世界で自分がやっていけるのかどうかは不安でしたけどね。でも、このままじゃ先を目指せないと思っていたのでそこは思い切っていこう…って。決意したタイミングってそこでしたね。

新人NO.1STYLE 芸能人ひなたまりんAVデビュー

 

初現場はやっぱり困惑!?

 

――S1からデビューしたことで、早くも注目の的になっているわけですが。

 

ひなた 実を言うとS1さんじゃなければもうちょっと悩んでたかもしれません(苦笑)。とにかくやるならキララさんや三上さんがいるS1でって考えていたので、もう何もためらうことなかったですね!

 

――S1の凄さをすでに知ってた!ってことは、今までAVも結構チェックしてたの?

 

ひなた 好きな方の出演作をちょっとだけ…くらいで、そこまで詳しくはなかったですかね。でも好きになる女優さんがたいていS1専属で(笑)。

 

――なるほど!じゃあAV女優という仕事に関してはあんまり具体的なイメージが無かったんでは?

 

ひなた あんまり分かってなかったかもしれません。それはもちろんカメラの前でセックスをして見せる…というのは分かっていましたけど、いざやってみたら結構ギャップがありましたね。

 

――たとえば?

 

ひなた 思っていた以上に体力使うんですよね…

 

――ダンサーのキャリアがあってもAVの現場はキツかった?

 

ひなた それが私まるで体力ないんですよ(笑)。ダンサーもグループの募集があって「あっ、やりたい!」って応募して始めたくらいで、それまでぜんぜん未経験だったから基礎体力は一般レベル!

 

――あらま!

 

ひなた はじめての撮影は…めちゃめちゃ消耗しました、終わった後はぐったりしちゃって動けなかったです。だから、週に何度も撮影がある方はすごいな…と思ってます。今の自分にできるとは思えない(笑)

 

――現場の雰囲気も思っていたのとは違ったでしょう。

 

ひなた 人が多い…こんなに多いとは思ってなかったですね。もっと小規模なものを想像していたんですけど、その想像を超えてきました(笑)。スタッフさんもびっくりするほどたくさんいるし、「こんなに…たくさんの前で…脱ぐ、脱ぐ?」って、ものすごく恥ずかしくなっちゃいました。

 

 

――ステージでは味わってこなかった緊張感!

 

ひなた なので初脱ぎのシーンがすごくギコチなくなっています(笑)。本当にもう全然思ったとおりに体が動かなくて、隠れちゃったりしました!

 

――出てきてくださーい!

 

ひなた 現場にいるのは初めましての人ばかりじゃないですか。その人たちの前でメイクして、カメラの前に出て、裸になる…それまでの人生の中で体験したことのない流れ過ぎてぜんぜん気持ちとカラダの動きが追いついてこなくって「うわうわどうしよう」ってなっちゃったんですよ。

 

――ありえない空間だったんですねー。

 

ひなた シーンとしてるし、みんな真面目に仕事してるし、その上でこっちを見てくるという…今までにないシチュエーション。カメラもモデルをやっていた時で慣れていると思っていたけど感覚はぜんぜん違いますね。

 

――具体的には?

 

ひなた モデルのときは、撮影中でも「こんな感じはどうですか?」ってポーズや表情も判断してもらいながら出来たんですけど、動画は撮影始まったらそれが出来ないんですよね。「気がついたことがあったらいつでも言ってくれていいよー」とは聞いていたんですけど、カメラが回った本番中には何も言い出せなかったです(笑)。

 

――感覚がぜんぜん違ったと。

 

ひなた イメージシーンはやりやすかったんですよ。「ここでクネクネ動いて」なんていう指示もダンサーやっていたおかげでどんな感じで見せればよいか分かりました。動くグラビアみたいな感覚でビシっと出来たんですけれど…ああいう場で脱ぐのは初体験だったので固まっちゃっいました。多分…すっごいガチガチになってると思います。実は気になってほかの新人さんのデビュー作も観てみたんですけど、みんな恥ずかしそうだけどしっかり脱げてるんですよ。「わたしこんなにスムーズに脱げた覚えがない、大丈夫かな?」って不安になっちゃっいました。

 

――逆にめちゃくちゃ気になるんですけど!!

 

ひなた 私が一番不安ですよー!

 

―― 一生に1度しか撮れない初脱ぎ撮影がそこまで印象に残ってるのはいいことかもしれませんぞ!

 

ひなた そう考えると…よかったかもしれないですね(笑)。

 

――脱ぎからそんなにドキドキなら、カラミの撮影なんてもう大変だったんじゃない?

 

ひなた もちろん恥ずかしかったです! それに前日緊張で寝られなかったのもあって、ちょっと記憶がまだ整理できてなかったりします(苦笑)。

 

――男優さんとエッチしてみた印象を聞いてみましょうか。

 

ひなた コントロールがすごいと思いました!

 

――野球選手じゃないんだから!

 

ひなた 台本通りに色々な体位をする、その上でちゃんとイク…。AVだと当たり前のことかもしれませんけど、よく考えてみると何でそんなに思い通りにセックスできるのか分からないし、ただただスゴいなって。

 

――ああああー、確かに!

 

ひなた 私はもう完全にリードされっぱなしでしたね。こんなにしっかりリードされたことは無かったです…普通はセックスってする前に段取りが決まってるわけじゃないし、人に見せることももちろん考えてないから結構なぁなぁというか、グダグダというか、なんとなしな感じで終わるじゃないですか。メリハリのあるセックスができるのって本当にすごいと思います。

 

――説得力がハンパない!

 

ひなた フェラのコーナーでもスッと入ってきてちゃんと決められた尺通りにイケるのもスゴいなって思うんです。特に私はフェラに自信が全然なくって、もしかしたらイかせられないかも…って不安だったんですけど、ちゃんとイッてくれたんですよ。

 

――遅いんだか早いんだか分かんないですね!

 

ひなた そう、コントロールがすごい(笑)。

 

――「タフさ」もあるでしょ?

 

ひなた そうですね、こんなに時間をかけたセックスは初めてでした。前戯からすごく丁寧で長くって、とても気持ち良かったです。「ま、まだ入れないんですか?」ってなっちゃうくらい(笑)普通自分が気持ちよくなりたいからってすぐ入れちゃいそうなところを、そうじゃなくてゆっくり攻めてくるんですよね。

 

――早く入れてほしかった?

 

ひなた いや、こんなに優しくされたのが初めてだったので目の前で起きていることが理解できなかったですね…。あれこんなに気持ちいいのにまだ入ってない!みたいな(苦笑)。セックスってもっと雑でパパパー、バッみたいなその場の勢いで…って思ってたんですけど、認識変わっちゃいましたね。

 

――いいことだ! もちろんデビュー作ですから男優さんもじっくり探りながらだったと思うんですよ。

 

ひなた あ~、確かにそうかもしれませんね。いろんなところを愛撫されたんですけど、もともと敏感だったから全部気持ち良くなっちゃいまして…あはははは。

 

――コントロールだけじゃなくて、いろいろすごさを感じちゃったわけですね!

 

ひなた いやぁ~、ははは(照)。

 

――気持ち良かったっていう素直な感想は、ファンもデビュー作を見るのが楽しみになっちゃうやつだと思います!

 

ひなた 実を言うと、もともとセックスって好きじゃなかったんですよ。

 

――えっ、そうなの?

 

ひなた 気持ちイイはイイけど、自分からシたくなるほどのものとは思っていなかったですし、付き合った人とおしゃべりやデートと同じくらいの意味合いでセックスもある…くらいな感じですね。どちらかというと冷めた感じでヤッていたのかもしれません。でも今は「もっとしたい、いろいろしてみたい」っていうくらいに好きになりました。

 

――いいことだ!

 

ひなた セックスって本当に気持ちいいんですね!デビューして男優さんとのセックスを経験したらそれが分かっちゃったのでうれしくて…こんなに気持ちいいとは思わなかったんですよ、本当に。

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

前編はここまで!

初めての仕事に戸惑い、初めての「気持ちいいセックス」に驚き…じゃあ、デビュー前のエッチ経験はどうだったの?そのあたりを後編で!!
お楽しみに!

 

(インタビュー・文/豆あき)
Source: FANZAニュース
フォロワー6万人のインスタ女子、モデル、ダンサーがAVデビュー!この夏一番の注目新人AV女優・ひなたまりんに人生初体験のAV撮影をした感想を聞いてみた!「セックスって本当に気持ちいいんですね!こんなに気持ちいいとは思わなかったんです!」▼芸能界からAV転身の理由は?▼憧れだったあの女優さんたちと同じメーカー専属女優になれた!!【インタビュー前編】